Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2017年03月
TOP ≫ CATEGORY ≫ パズル
CATEGORY ≫ パズル
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆パズルで心を整える。。。

Wカップで史上初の2勝目を挙げて勢いに乗るラグビー日本代表には、

選手のメンタルを陰で支える魔法のパズル

あるんだそうです。。。

算数パズルではなかったんですけどね・・・

でも、パズル効果でアメリカを撃破できますように!


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

☆最近、思うこと ④

昨年度あたりから、Edu-One算数パズル教室には、幼稚園児の割合も増え、

わざわざ遠方から通ってきてくれているご家庭もあります。

園児たちは、僕の想像以上に、算数パズル(ペーパーパズルでも操作系のパズルでも)に

熱中して取り組んでくれているので、学習時間の子ども達の反応は、毎回、楽しみです。

正直、純粋な『幼児教育ではない!』ということは、僕も百も承知ですし、

入会希望の幼稚園児の保護者の方々には、それをあらかじめ説明し、お断りした上で、

入会していただけるかどうかを検討して頂いています。

その経緯を経て、入会された子ども達ですが、海外のゲームや

ペーパーパズル・操作するパズルなども含めて、

受け入れてもらっているように感じています。

一見、幼い子ども達に対しては、レベルの高いような内容や教材にも感じますが、

子ども達の様子を見ている限りでは、こういう学習内容や指導方法もありなのかな?

と個人的には思っています。

最近では、入会してくれている幼稚園児用のペーパーパズルの作成にも、

一層、創作意欲が高まってきていて、さらに頑張ろうと思っています。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村


☆最近、思うこと ②

本屋などに足を運ぶと『パズル』が、世の中で幅広く流行していることを、

すごく感じます。

大型書店内では『ナンバー・プレイス』を中心とした色々なパズルの書籍を並べた

本棚のスペースが以前より広がっているように見えます。

また、スーパーやコンビニでも、様々なパズル系雑誌を見ることが多いです。

電車でナンプレなどのパズルと格闘している方を見ることも珍しくありません。

出版されている本の表紙には『頭の良くなる』や『脳を刺激する』や『賢くなる』や

『老化やボケ防止(?)』のためのパズルというような言葉が載っています。

マニアックなパズルだけでなく、小・中学生の学習参考書のコーナーにも、

数種類、『算数パズル』に関する本が並んでいます。

電車やホームなどでもスマホなどのパズル的なアプリで時間を潰している方も

見受けられます。

また、『算数パズル』という教育ジャンルも確立されつつある感じもします。

ただ、学校での一斉授業で算数パズルを取り上げて指導するのは、

「かなり難しい!」というか「不可能に近い!」ということを、

かつての教師時代の経験上、個人的には実感しています。

もちろん、大勢の子ども達相手にでも“勝手にパズルをやらせる”ことは出来ます。

『やらせっぱなしで解答だけを知らせるの授業の形態』でも良ければ可能ですし、

かなり楽なのですが、子どもには月齢差や個々の能力や力量の差、

向き不向きなど、当然のことながら『個人差』が存在するので、

普通の授業や指導となると、やはり話は別モノで、難しいと言わざるを得ません。

『誰かからのヒントを求めず、自力解決にこだわる子ども』もいますが、

『誰かに少しヒントをもらって正答に辿り着く子ども』も存在します。

僕は教室で、手取り足取り、1~10までと正答まで

子どもを手助けをすることはありませんが『やらせっぱなし』の学習を行うことは

子ども本人が望まない限りはありませんし、

『どの子どもにも全てを丸投げする授業』も行っていません。

ただ、僕からのヒントや手助けの有無に関わらず、子ども達は算数パズルの問題に取り組み、

正答することに喜びを感じ、問題が解けるごとに、ガッツポーズを作ったり、

飛び切りの笑顔を見せてくれたり、快哉をあげたりする子どもばかりです。

冒頭でも述べたとおり、昨今では、パズルは世の中でブームになっているようですが、

一過性のモノではなく、大袈裟ですが、今後は文化となったり、

算数パズルが教育界で、子どもの力を伸長させることに有用な教育教材や

学習課題の一つとして定着していけば良いな!

と思っています。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

春だというのに…

雨が続いて気分が鬱陶しく重たいが…

明日はどうらや晴れるみたいだから、自転車に乗って

ボードゲーム屋さんまで足を伸ばそうかな?

新しいゲームの情報も知りたいし、子ども達の学習に楽しみながら役に立つゲームはないか?

少し物色してみようと思う。

運動不足も少しは解消出来るし、気分転換にもなりそうだもんね。

花粉だけは心配だけど。。。





にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆暑いからだけでなく、イライラしたり、カリカリしたり・・・

暑いだけでなく、社会人の生活にはいろいろな負荷がかかります。

会社、上司、人間関係、仕事、お金、夫婦、家族、恋人、約束・・・

といった具合にストレスに満ち溢れています。

だから、特に、都会に住んでいる社会人の方々は、

いろいろなストレス解消法を持っておかなければ

ならないでしょう。

たとえば、カラオケ、食事、お酒、スポーツ、衝動買い、

ドライブ、旅行・・・といった感じです。

でも基本的には、どれもお金がかかるものばかりですが、

僕のストレス解消法は『Edu-Ome算数パズルの模範解答づくり』です。

昨日は、心のモヤモヤがあったので、4時間ぶっ通しで、

パズルに明け暮れました。

問題の根本的な解決には至りませんが、かなり、ストレスは

すっきりしましたよ!





にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆教室長の算数パズル作り…

新しい算数パズル作りに取り組んでいるのだが、
なかなか思ったようには進展しない。

産みの苦しみがあるからこそ、面白いパズルが出来るのだが・・・。

アイデアやネタが尽きつつあるのも、理由の一つに挙げられる。

それでも、一応、一つだけ、試作品の段階だが、算数パズルのレベル1とレベル2が
出来たので、プリントアウトしてみた。

そして、答えを見ないように隠して、自分自身で問題に取り組んでみる。

う~ん・・・

面白いような…

フツーなような…

いまいち、ヒネリやパンチが効いていないような…

この算数パズルに子どもがどんな反応を示すのか…

なんとも予想できないビミョ~な手応えを感じながら、校正を加えてみた。

これを、再度プリントアウトして、自分で解くという段階を、
あと2回ほど経てから、表紙をつけて完成に至るというのが、
だいたいの算数パズル作りの流れである。

なかなかしんどいものなのだ・・・。
子ども達は、サクサクと解いていく時もあるけど、
結構、テマ・ヒマが掛かってるでしょ!?





にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆天才 秀才 親(は)バカ!

先日より、Edu-Oneの本部教室にある立体パズルと
平面パズルを1つずつ家に持ち帰っている。
4歳の娘と2歳になった息子が興味を示して、
遊びだした。
子どもの集中力とは凄いもので、延々と操作している。
そして、上達も早く、息子は平面パズル、娘は、平面・
立体どちらも、数十秒でクリアーできるようになった。
特に娘においては、立体パズルを完成させる術を、いくつか完全に
身につけているようで、数パターンのやり方で完成させるところを
何度も披露してくれる。
「パパはコレ、できるんでしょ?」
と聞かれるが、正直、そんなに簡単には出来ないし、
何回も失敗して1回できるかできないかだ。
(ちなみにカミサンは結構、簡単に出来るのだが・・・)
「パパは、パズル教室の先生なのにねぇ~ ア・ハ・ハ・ハ・ハ!」
と笑われる始末・・・
「こうやって作ればいいのよ!」
と、Making方法を僕に見せつけてくる。
しかし、4歳の子どもが、いとも容易く出来ることが、
大の大人(我が家では僕だけだが…)には、
簡単に出来ないその理由を、
誰か科学的かつ論理的に、証明&解説してくれないか?



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。