Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 教育観
CATEGORY ≫ 教育観
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆元教師としての悲しい性(さが)

僕は、現在のところ、まだ、パソコンの専門学校に通っています。

専門学校では、もちろん、僕は教えられる側(生徒)で、パソコンについて

誰か(先生)に指導を仰いでいる立場です。

幼稚園の参観日でもそうですが、娘の先生を“先生として”見ます。

参観日以外の運動会などの行事でもそうです。

来年からは、息子の担任の先生も、そのような目で見るでしょう。

ですから、純粋に参観日や園の行事で子どもの活躍を見るよりも、

先生を見ていることが多いのかもしれません。

また、勤め先でも、現在は研修の立場ですので、様々な先生の

授業のお手伝いやサポートをしながら、指導する様子を見て回ります。

こういう図式になると、悲しいかな・・・

教師の目で、その授業をやっている先生を見てしまいます。

良い部分は真似したいな!

と思いますし、

おかしな部分は「それはどうかな?」と思ってしまいます。

こと、専門学校の先生に限って言えば、僕にはパソコンのスキルも知識も

ありませんが、そういったものがないからこそ余計に、一教師として、

その先生の指導の上手さや拙さ、授業の運び方、目的、その日の授業に臨むまでの

教材研究のあり方など、裏の裏を観察・分析するんですね。

ある意味で『職業病』かもしれませんし、ちょっと悲しい元教師の性です。

ただ、僕も、そういう目で第三者に見られている!

ということは常に意識して、準備をして、授業に臨まなければいけません。

もちろん、授業以外の生活面や行動面でもそうでしょうが・・・。

これは、人を指導するという職に携わる人間にとって、とっても大切なことです。

小さくたって、子どもの目や心は意外に誤魔化しのきかないものですからね!





にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

☆幼い子どもの教育って…

つまるところ…

担任の先生なり、幼稚園や小学校(組織)が子ども達を、

自分(達)が提唱する『教育っていう名の枠』に

はめ込んでしまうことなんだろうなぁ~

と思いました。

その枠の選択を家庭や両親が間違えずに

子どもの成長や将来を考えた上でのニーズに合えばOKで、

合わなければ「困ったなぁ~」ってなるんでしょう。

幸い、前回の運動会や今日の行事やこの数日の娘の奮闘ぶりを見る限りでは、

僕とカミサンが娘に選んであげた『枠』は当たりだったかな?

と思っています。





にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆Edu-Oneで育てたい理想の子ども像・子どもの姿

Edu-Oneで育てたい理想の子ども像・育って欲しい子どもの姿(教育目標)

 熱意  情熱  志
 品格  信念  真摯な姿勢
 真心  謙虚  思いやり
 規律  秩序  向上心
 継続  不屈  切磋琢磨
 
ちょっと多くて、欲張りなんだけど・・・
まぁ、欲張りすぎぐらいで、ちょうどいっかな!ぐらいに思っている・・・。

Edu-One算数パズル教室で学習する子ども達の理想像を、そして、
指導していく上で僕が大切にしたいことがらを、さらには、将来、子ども達に、
こうなって欲しいと思う姿を厳選し、 『15個の言葉』でまとめてみた。
言葉の持つ意味も勘案しながら、グループわけして、リズムにも気を配りつつ、
配列したつもりなので、リズミカルに読んでいただけるとありがたい。

この『教育目標』と、昨日、ブログに書いた『教育理念』とあわせて、
額に入れて教室に飾りたいと思う!

理念や目標が具体的に明示されると、それに向かって全力で走り出すことができる。
常に理念や目標を意識しながら、そこに辿り着く効率のよい手段を講じて努力していける。
幼い頃から学校の先生や両親にイヤと言うほど言われてきたが、
この年になっても、やはり、目標をキチンと立てることは、とても大切なことだと思える。
これは決して、道徳的な意味合いだけで言っているのではなく、
(僕もそうだが)ぐうたらな性格をもっている人は、ぜひ目標を立てて、
目標に合わせて忠実に着実に進んでいくことを、お勧めする。
ぐうたらなタイプの人は、一概に自由奔放にやるのが良いように思われがちだが、
僕は、そうではないと思う。ぐうたらで、だらしないタイプの人こそ、
目標や目あてを持つことが、大変、重要で意義のあることであると感じる。
というのも、目標や目あてを果たすべく
『頑張らなければならないことが焦点化できる利点がある』
からだ。

つまり、目標を持つということは
『最重要なタスクだけをロック・オンできる優位性』がある。

極論かも知れないが、裏を返せば、 目標以外のことは全くやらなくてよいのだ。

僕のような、ぐうたらの怠け者の人間にとっては、あれもこれもやるのは、
考えるだけでも、とっても面倒くさくて、やる気が全く起こらない。
だけれども、目標をたてると
“目標を持つ=不必要なこと(目標以外のこと)はやらないでよい”わけだから、
目標を果たすための作業や行動を効率よく行える。

いろいろな物事に対しての優先順位もつきやすいし、あれやこれやと手を出さずに、
目標を果たすために最短距離で必要最低限の労力や努力だけをすればよいことになる。

それさえ行っておけば、あとは怠けようが、ぐうたらしようが、何ら問題ないし、
誰(自分)にも文句を言われる筋合い(愚痴をこぼす必要)もなくなるのである。
こうやって考えていけば、怠け者やぐうたらや面倒くさがり屋にとってこそ、
目標や目あてを持つことが、より怠けたり、よりぐうたらできることに
繋がることに気づく。

これを理解して生活すれば、もう、あなたも、私も VIVA目標!
目標ウェルカム!である。

さて、調子に乗って、次は
『Edu-One算数パズル教室の短期・中期・長期の目標』
を考えてみようと思う。




にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆やっぱり、Edu-Oneの授業は、こうでなくっちゃね・・・

2週間ぶりのEdu-One算数パズル教室が、本日、行われた。
前回、思ったような指導が出来なかったことを、僕なりに、
かなり気になって反省していたので、今回は、いつも以上に、
準備の段階から入念にダンドリを行った。

本日の参加者は、N君とH君の二人だけだったので、
やや寂しかったのだが、 H君の頑張りで白熱した
授業展開となった。と言うのも、H君は、今日で、まだ
Edu-Oneパズル教室への参加が3回目で、まだまだ、
Edu-Oneの授業スタイルに慣れているとは言えない。
そのためか、前回(2回目)、かなり、N君に差をつけられていて、
今日の授業を迎えることになった。問題数にして5・6問もの差が
本日のスタート時点ではあったのだが、猛スピードで追い上げ、
最後には、ほとんど同じ問題数(最終段階で1問差)にまで追いついた。
今日で、H君は、かなりEdu-Oneの授業スタイルにも慣れ、
かなり自信がついたのではないかと思っている。
(ただし、本日、N君は、少々、風邪気味で体調が万全でなかったため、
いつものキレやテンションの高さが影を潜めていたことは、
彼の名誉のために申し述べておこう。)

よき友、よきライバル同士という関係を、これからも継続しつつ、
『高い志』や 『向上心』を持って、互いに刺激しあいながら、
切磋琢磨していって欲しいと思う。

一方、肝心の授業の方も、“ミスが0”とまではいかなかったが、
厳選したパズル問題の学年配当も適当だったと思えるし、
発達段階や学校の算数の学習進度にもマッチしていたと感じている。
簡単すぎず、難しすぎず、でも、じっくり深く考えないと、
なかなか正答できないレベルの難易度であったようだ。
二人とも、まともに休憩をとらず、3時間半以上もの時間、
がっつりパズルと漢字の学習にいそしんでいた。

粘り強く諦めずに最後まで頑張る子ども達の姿は、
指導する側からしても、見ていて、本当に、
すがすがしい気分にさせてくれる。しかし、どうも、
最近の子ども達から、『頑張るという姿』や『熱意』や『情熱』を
探し出すことは難しいように感じる。

ゲームに熱中する姿は散見するのだが、
スポーツでも、勉強でも、熱中して真剣に、ひたむきに取り組む
大切さを、我々、大人が教えたり感じさせたり、見せたりすることを
止めてしまっているのかもしれない。
と自省の念にもかられる。

僕が年をとったせいかもしれないが、このような現状を憂い、
寂しい気持ちになると同時に、日本の子ども達の将来に
一抹の不安が拭い去れない。

幸いなことに、Edu-Oneに参加している子ども達の中には、
今まで頑張らなかった子どもを見たことがないし、
途中で諦めたり、投げ出したりする子も居なかった。
もちろん、僕が子ども達に強制的に算数パズルをやらせ
ているわけではない。

どちらかといえば「もう休憩していいよ」・
「そろそろ休んだら?」と僕の方から声を掛けることばかりである。
今日も、僕の方から“休憩を強制しなければ”、
本当に、みんなノンストップでやりあげてしまいそうな勢いであった。
その証拠に、二人とも、僕が
「今日は、これぐらいで終わるだろうなぁ~」と思っていたところを、
終了時刻よりも、30分以上も前に到達し、最終的に、
“念のために”と持ってきていた予備のパズルの冊子を半分も
終わらせてしまった。

二人とも思考能力が高く、問題処理や計算のスピードが速いために、
何度か試行錯誤をしても、少ない時間で正答にまで辿り着くことができる
算数の能力やセンスやスキルを持っている。

しかし、それ以上に、まだ2年生でありながら、
『心の強さ』や『精神力』を強く感じさせてくれる。
痩身の見た目とは裏腹に、二人とも、底知れない『ガッツ』を持っているし、
決して、それを表に出すタイプではなさそうだが、
『内に秘めたる闘志』たるや、並大抵のものではないだろう。

パズルの学習や学校生活だけに限らず、社会に出てからも、
様々な分野で役に立つ力であるから、今後、もっともっと
伸張していくことが容易に予想できるので、なおさら将来が楽しみである。
それにしても、今日は、“ひょっとして”と余分にパズルの問題冊子を
持っていっておいて大正解だった。

今日の指導は、僕も、3時間半を、あっという間に感じることができたし、
二人の子ども達の努力もさることながら、お母様方のありがたい
献身的な子ども達へのサポートもあり、本当に『至福の時』を過ごせた。
少し大げさな表現ではあるが、今日のEdu-Oneでの指導は、
『子ども達を手の平に乗せて遊ばせている錯覚に陥るような感覚』
だったので、おおむね、『今日の授業は成功だった!』と
胸を張って言っても良いのではないか?
と思っている。

僕(教師)は、パズルを自作し、それらの中から数種類を精選し、
準備やダンドリに時間をかけて周到に行った上で、授業構想を練る。
子ども達は、与えられた問題に真剣に向き合い、必死に頑張り、
正答し続ける。そして、さらに賢くなり、能力が研ぎ澄まされ、
メンタル面も強くなる。それを、直に目の前で眺める教師(僕)は、
楽しめるし、幸福感も得られる。
親御さんも、我が子の努力している姿を目の当たりにし、
満足感や充実感を持てる。
そして、心地よい知力(頭脳)の消耗と疲労感を、若干、感じつつも、
子ども達もそして、先生も、お互いに、次回も頑張ろう!
と思えるぐらい今日の授業の余韻が残ったまま岐路につく・・・。
これぞ、Edu-Oneの『子ども・保護者・指導者の三方よし』である!

やっぱり、Edu-One算数パズル教室の授業は、こうでなくっちゃね!




にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆これだけは譲れないもの!

数日前になるが、ポチさんからいただいた質問に対して、
遅ればせながら、自分なりの回答を出してみようと、
じっくり考えてみました。

“教育の中で、これだけは譲れないものってありますか?”
いろいろとあるのですが『これだけは』というものを、
いざ言葉にしようとすると、とても難しいですね。
まだ教師になって駆け出しのころは周りも見えず、
無我夢中でしたが・・・。

それなりにキャリアを積んで、自分流のやり方がだんだんと
形作られてきて、いっぱしの教師になってきたかな!?
と自分でも感じるようになってくると、こんな僕でも、
おぼろげながら“教師をやる上で大切にしていきたいこと”が
見えてきたりするわけです。
きっと、それがポチさんの言う『譲れないもの』だと思うのです。

『教育』と言うのは、少なくとも学校では、読んで字のごとく、
教師が子どもを教え育て、育んでいくものだと思うので・・・
僕が常々、大切にしてきたことは、一言で言えば~
『子どもに対しては、信念を持って、どんなことでも
絶対に手を抜かない』 ということでしょうか?

とにかく、子どもが相手だから容易にだませるとか、
ごまかせるなんていう考え方はハナっから捨てましたね。
と言うより、そういうのって、必ず、すぐに子どもに
バレちゃいますからね。

子どもは、大人が考えるより馬鹿じゃないですし、
ある意味、シビアに教師を観察しますから・・・
「コイツ(この先生)ツカエル」・
「アイツ(あの先生)ツカエナイ」
ぐらい敏感に感じ取るものです。

とにかく、毎日まいにち、毎時間、子どもと向き合っている間中は、
子ども達との真剣勝負です。
特に 『授業では絶対に誤魔化したり手を抜いたりしないこと』
は肝に銘じて教師を続けてきたつもりです。

子どもを教育するに当たって、子どもに失礼がないようにとか、
子どもを邪険に扱うことがないようにとか、
また、教育的な効果が認められないようなことは、
たとえ、子どもがやりたい。といってもやらないとか・・・。
そんなことも大切にしてきました。

20年近くも教師をやっていると、一緒にやってきた同僚の中にも、
いろんな教師がいましたね。
ざっと思い出せるだけでも、そうそうたる顔ぶれです。

ほとんど授業をしない教師とか、
ビデオばかり見せている教師とか、
自習ばかりにする教師とか、
授業時間に遊ばせてばかりの教師とか、
イスに座りっぱなしの教師とか、
説教してばっかりの教師とか、
子どもや保護者との約束を守らない教師とか、
時間にルーズな教師とか、
いうことが、いつも適当でチャランポランンで
コロコロ変わる教師とか、
子どもの前で噛んでばかりでまともにしゃべれない教師とか、
朝から酒臭い教師とか、
いつも偉そうにふんぞり返っているくせに研究授業になると小さくなる教師とか、
挨拶がかえってこない生活指導の教師とか、
授業にいつもおくれてくる教師とか、
大きな仕事をかかえると学校を休んで人任せにするしまう教師とか、
言ってることと、やってることが真逆の教師とか、
学年の先生を騙す教師とか、
抜き打ちテスト命の教師とか、
体育ばっかりやっている脳味噌筋肉バカ教師とか、
「心の教育」「心の教育」とばかりを声高にさけぶ神様気取りの教師とか、
子どもに媚びてばかりの教師とか、
子どもにオモチャにされる教師とか・・・。

決して同僚とは思いたくないダメ教師(教師と呼ぶのにも、
かなり抵抗がありますが・・・)の見本のような先輩・後輩の先生方、
そして管理職のお偉いさん方も随分と見てきました。

『子ども達を馬鹿にするのもいいかげんにしろ!』と叫びたくなる様な、
そんな先生方に対しては、何を言っても無駄だし、
喧嘩になっても何の得にもならないから
「絶対にあんな風だけにはならないでおこう。」と思える貴重なお手本として、
僕の反面教師コレクションの中で、みなさん燦然と光り輝いていらっしゃいます。

これからも、勉強でも、教材研究でも、運動でも、宿題でも、掃除でも、
食事でも、躾の指導でも、お楽しみ会でも、叱るときでも、誉めるときでも、
何事にも絶対に手を抜かず全力でぶつかっていくことを大切にしていきたいと
思います。

やはり給料をもらっている以上はプロですからね。

プロはプロらしい仕事を行ったうえで、
その対価としてサラリーをいただくべきでしょう。
「これが限界」とか、「ほどほどでいい。」とか、
「この程度でいいだろう。」というように、
勝手に自分自身の限界を決めてしまったり、目標を曖昧にしたり、
適当に低く設定したりするような中途半端だけはしないようにしてきたし、
今後もしていきたいですね。

ということを、僕の教育の中で譲れないことの回答としておきます。

また、ご意見お待ちしております。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村


Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。