Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ カードゲーム&ボードゲーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆Edu-One算数パズル教室主催「親子とお友達で楽しむボードゲーム大会」 ④

お次は『クルード』です。
クルードクルード
(2012/07/26)
タカラトミー

商品詳細を見る

なぜか、不思議なことに、D様もJ君も、このゲームをご存じでした。
DSC_9702_convert_20140216040029.jpg
≪何かしら解ってきたのか、微笑みを浮かべるKさん姉ですが・・・≫

推理小説好きの僕には痺れるゲームです。

ただ、1年生のKさん妹には、難しいんじゃないか?
DSC_9718_convert_20140216185818.jpg
と思っていましたが、きちんとルールを把握してこなしていました。

少なくともゲームに参加して、自分で推理できていました。

「つくづく賢い子だなぁ~」

と思います!
DSC_9815_convert_20140216040541.jpg
これは、『犯人』・『凶器』・『犯行現場』を少しずつ割り出していく謎解きの推理ゲームです。
DSC_9701_convert_20140216035133.jpg
みんな、最終チャレンジ宣言をしていきましたが、ことごとく失敗に終わり、
DSC_9832_convert_20140216190027.jpg
≪Kさんママも残念ながら最終チャレンジに失敗し、無念の脱落!≫
DSC_9821_convert_20140216040850.jpg
誰も的中させることができません。
DSC_9699_convert_20140216035533.jpg
僕はKさん妹と一緒にPLAYしていたのですが、「マ・マジですか!?」と唸った、

Kさんパパのカード提示に2人で顔を見合わせて愕然&茫然!
DSC_9724_convert_20140216185139.jpg
推理が根底から覆されてしまいました。

どこかで思考の歯車が空回りしていたようです。

終盤戦での、この大きな推理の間違いの発覚は、かなり厳しく、

当然、チャレンジに失敗(ごめんね、Kさん妹)。

しかし、そのKさんのパパも同じくチャレンジに失敗!
DSC_9837_convert_20140216035829.jpg
≪J君のチャレンジも失敗に終わり、残念そうな表情を浮かべていました・・・≫
DSC_9786_convert_20140216184650.jpg
≪あのオレンジ色の袋の中に『答えとなる3枚のカード』が入っているのですが・・・≫

あとは、D様とKさん姉でしたが、満を持して先に勝負を挑んでチャレンジをしたのはD様。

自信満々でチャレンジ宣言して、みごとに『犯人』・『凶器』・『犯行現場』の全てを的中させ、

有終の美を飾りました!

これには、さすがに、みなさんから賞賛の言葉と祝福の拍手が自然発生して贈られました。
DSC_9869_convert_20140216034738.jpg
≪ご機嫌に勝利の舞を踊るD様! まさに『終わりよければ全てよし!』です。≫

このゲームは、勝利を手にした人は、推理の過程を講釈をしたくなるのですが、

D様の熱弁はダンスとともに止まりませんでした。

本当は、この後で・・・

これまた、おフランス生まれの『髑髏と薔薇』をPLAYしようと用意はしておいたのですが、
髑髏と薔薇:赤(Skull & Roses RED:どくろとばら 赤)髑髏と薔薇:赤(Skull & Roses RED:どくろとばら 赤)

Lui-Meme

商品詳細を見る
1時から6時の5時間はアッという間に過ぎてしまい、残念ながらPLAYできませんでした!

サプライズ・ゲストのお二人のおかげもあって、非常に楽しいゲーム会でした!

外国の方(と言っても、中身は、ほぼ日本人ですが)とゲームができるなんて思いませんでしたからね。。。

以前、保護者のW様がおっしゃっていた

『ボードゲームは健全です!』

という素晴らしい言葉に並んで、

『ボードゲームは、人種も国籍も国境も性別も年齢をも越えて楽しめる!』

とも言えるでしょう!

コミュニケーションがあり、頭を知的に使うことのできる素晴らしいツールだと思います!

コンピューターゲームばかりがクローズアップされるのではなく、

ボードゲームの持つ素晴らしさや有効性などに目が向けられ、

もっと我が国・日本でも、陽の目をみてほしいなぁ~

と思います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

☆Edu-One算数パズル教室主催「親子とお友達で楽しむボードゲーム大会」 ③

2つ目・3つ目も、これらも、おフランスのゲームでしたかね?

『Blokus』と『Blokus トライゴン』です!
ブロックスブロックス
(2002/04/01)
ビバリー

商品詳細を見る
Kさんの妹とお母様が一時的なご用事で退室をされるということで4人のゲーム・・・
DSC_9271_convert_20140216025421.jpg
主催者の僕は審判役ということで。。。

みなさん、どちらもお気に入りの様子でご機嫌に楽しんでおられました。
DSC_9346_convert_20140216023730.jpg
結果は『Blokus』は、優勝はKさんパパ、2位:J君

『Blokus トライゴン』はD様が優勝 2位:Kさん姉
88ピース ブロックストライゴン88ピース ブロックストライゴン
(2006/09/28)
ビバリー

商品詳細を見る

でした。

次は僕も参加させていただきまして『ハゲタカのえじき』

5人でフルメンバーで対戦しました!
Ravensburger ハゲタカのえじきRavensburger ハゲタカのえじき

Ravensburger

商品詳細を見る
1回戦:優勝はKさんパパ 2位:J君 3位:Kさん姉 4位:僕 5位:D様

「悔しい!」

と叫んだD様が再戦を要求し、2回戦開始!

ルールは単純明快なんですが、相手の裏のウラ(裏のウラは表ですが・・・)をかくという、

少年少女と大人たちの超心理戦が展開されました!
DSC_9507_convert_20140216213240.jpg
「バッティング(人と同じ数字が場に出ること)来い! バッティング来い!! 来い・こい・コイ!!!」

「よっしゃ、来たぁ~!!!!」

みたいな感じで・・・

バッティングの嵐の中でKさんパパの「1で7をGetする」という神技が生まれたり・・・

「非常」というより、『異常なまでに』盛り上がりました!

優勝は、僕 2位:J君&Kさんパパ 4位:Kさん姉 
DSC_9486_convert_20140216042307.jpg
≪バッティングをかいくぐり大きな数字のカードをゲットしたJ君! お喜び!!≫

そして、屈辱の連続最下位に甘んじたD様!

またしても最下位に沈み、D様は今度は「ウララ~(やべっ!)」を連発してました!


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆Edu-One算数パズル教室主催「親子とお友達で楽しむボードゲーム大会」 ②

続いては『チーキー・モンキー』です。
モンキービシネス(Monkey Business)チーキーモンキー廉価版モンキービシネス(Monkey Business)チーキーモンキー廉価版

Piatonik(ピアトニク)

商品詳細を見る

2回りした時点でKさん妹が、お母様と一緒に戻ってこられたので、1回遅れでしたが合流しました!
DSC_9535_convert_20140216214639.jpg
でも、1回、すくなかったのですが・・・
DSC_9549_convert_20140216032725.jpg
なぜか?

Kさん妹が優勝をかっさらっていきました!

Kさん妹は「持っている!」んでしょうね!?

その一方で・・・
DSC_9513_convert_20140216183622.jpg
≪思ったように順位が振るわず、天を仰ぐD様≫

この後のゲームでリベンジとなるのか?

さてさて、お次のゲームは・・・


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆Edu-One算数パズル教室主催「親子とお友達で楽しむボードゲーム大会」 ①

今日は教室生の姉妹のK家族、そして、知り合いの親子2人が教室で

『Edu-One算数パズル教室主催「親子とお友達で楽しむボードゲーム大会」』

に参加していただいて楽しんでくださいました。

ゲストとしてお迎えした親子のお2人が、なんと!

おフランス人様でしたから・・・

ビックリ!

大学時代の第2外国語はフランス語でしたが、全くできませんし、

フランスの方との面識など一切ありません!
DSC_9194_convert_20140216020635.jpg
≪6年生のJ君はハーフです≫

なんとも、インターナショナルでワールドワイドなゲーム会でした!

もちろん「日本語は親子ともにペラペラだ」と聞いていたので安心してはいましたけど・・・

生まれは日本だそうで納得なんですが、本当に流暢な日本語でした。
DSC_9515_convert_20140216021809.jpg
≪明るく陽気なラテン系(?)のフランス人のD様!≫

それでも違和感というか・・

ビックリ感はありましたけどね・・・

慣用句も関西弁も良くご存じでいらっしゃいました。

おフランスの方が参加されるなら、おフランス生まれのテッパン・ゲーム

『Dixit』は外せないでしょう!
ディクシット 日本語版ディクシット 日本語版
(2011/08/26)
ホビージャパン

商品詳細を見る
日本語がすべてご理解できるのでルール説明も理解もアッという間でした。

それプラス、お題に『ヒネリ』を入れてくるから初心者のレベルではなかったですね。
DSC_9144_convert_20140216020307.jpg
特にD様は、親になった時は『お題にヒネリ』を入れてくるどころか

『ブラフ(嘘・はったり)』も交えてきましたから、

どれが正解なのやら、なかなか解りませんでした!
DSC_9236_convert_20140216022513.jpg
日本人よりも、日本人の心やメンタリティーや道徳心を理解している親子です。

僕流の『お・も・て・な・し』の気持ちが通じるといいのですが・・・
DSC_9211_convert_20140216200838.jpg
『Dixit』は、Kお姉ちゃん(写真右:当たり前です!)がいつのまにか逆転で優勝でした!

D様、曰く「Oops!(あちゃぁ~!)」とつぶやいていましたが、

「このゲームは面白い・面白い!」と連発されいていました。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村



☆最近、教室で人気のゲーム・・・

Edu-One算数パズル教室では、いつも学習が終わった後、

頑張った子ども達へのお楽しみTimeとして、

教室生や保護者の方々も一緒に、みんなでゲームをしています。

このBLOGでもボードゲームの話題を良く取り上げていますが・・・

最近、大人も子どもも夢中になっているゲームの1つに『キャプテン・リノ』があります!
キャプテン・リノ / Super Rhino!【並行輸入品】キャプテン・リノ / Super Rhino!【並行輸入品】

Haba

商品詳細を見る
ルールは簡単でトランプほどの厚さの紙で、

写真のようなタワーを作り上げていけばいいだけなんですが・・・

基本的には協力ゲームのようで、ちょっと他のPLAYERに意地悪もするゲームなのですが、

なぜか大人も子ども達も大興奮で大騒ぎするのです!
CIMG9137_convert_20140213234915.jpg
≪最初は、こんなに低いタワー(まるで2階建ての家ですね!)なのですが・・・≫

エアコンの風圧でタワーが倒れる可能性もあるので、念のために暖房を切ってPLAYしていますが、
2014020812320001_convert_20140213235129.jpg
≪だんだんと高くなっていき、キャプテン・リノの水色のコマも移動し、バランスを微妙に変化させます!≫

寒さも忘れるほど熱く熱く盛り上がります!

タワーの高さ以上に子ども達のテンションの方が高くなります。
CIMG9132_convert_20140213235831.jpg
≪人が動くだけでも揺れて崩れ落ちそうになりそうです! クシャミなんて絶対にできません!≫
2014020816160001+(2)_convert_20140214001946.jpg
≪まだまだ余裕の表情でタワーを高くするMさん! それにしても、いつもCOOL!≫
2014020816190000.jpg
≪さすがに胸の高さを超えてくると、かなり緊張してきますよね! 怖い・恐い!≫

子ども達だけでなく大人達にとっても、かなりスリリングで、なかなか面白いです!

なんと言っても、崩してしまったら最後、それでドベ確定ですからね!

そして、子ども達に怒られ、笑われ、Booingの嵐・あらし・アラシです・・・

めっちゃ緊張します!

緊張すると余計に手が震えてしまい、ちょっと心臓に悪いゲームなのかも???

ただ1つだけ、心残りなことがありまして、全部の壁カードがなくなって、

完成し終えて高くそびえたつタワーをいまだかつて誰(僕)も見たことないんですよね!

いつ完成するんだろうなぁ~?

『キャプテン・リノの独りPLAY』は

ちょっと虚しいと思いますので止めておきます。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆カードゲームの『Pig10』を子ども達とPLAYしました!

年中の4歳の息子には、まだ少し難しさがありますが、1年生の娘と一緒に3人で

『Pig10』をPLAYしました。
ぴっぐテン 日本語版ぴっぐテン 日本語版

Zoch/メビウス

商品詳細を見る
ほのぼのとしたイラストと軽快なテンポでサクサク終わる『Pig10』に子ども達と面白がって、

連続でPLAYをしました。
CIMG9858_convert_20131127003912.jpg
結果は、1回目は、1位:娘(37枚)・2位:パパ(31枚)・3位:息子:(13枚)で、

2回目は、1位:娘(40枚)・2位:息子(27枚)・3位:パパ(10枚)でした。
CIMG9874_convert_20131127002131.jpg
なぜか(特に2回目[写真下])、娘が強かったのですが、弟に教えるふりをしながら

自分の都合よくカードを捨てさせていた感がプンプン臭ってきて怪しかったです・・・。

ルールは簡単でテンポが良く、ゲームはすぐに終わりますが、相手の3枚の手札を考える!

ただ、それだけなのですが、その部分に於いてのみ悩みどころが少しだけ存在します。

自分の次の人が自分のカードを利用して『Pig10』になることは、往々に、

起こり得ます。しかも連続して何回も・・・。

それでも軽快なテンポが織りなすスピーディーなPLAY感がなかなかスリリングで面白いです。

4・5つほどあるカードのルールさえ覚えてしまえば、年長から1年生にかけての、

計算の練習問題になるでしょう!

ちょっと比べようと思って、意図的にこんな写真も撮ってみました。

無表情でDSに取り組む娘と息子の様子です。
CIMG9851_convert_20131127002403.jpg
元来、中・高校生のころからアコーステッィクの音源を好んで耳にしてきた僕にはとっては、

コンピューターが作り出す電子音は耳障りで音を小さくして遊ぶように子ども達に申し伝えています。

1日に許可しているPLAY時間は1時間だけ。TVの視聴も映画などでなければ基本は1時間。

そして、1時間は宿題や学習です。

ずっと傍にいましたが、姉弟の間に人間的なコミュニケーションや会話は皆無でした。

刺激は強いでしょうから楽しのでしょうけど、やはりコンピュータ・ゲームに関しては???

が僕には多くつきます。

僕も学生時代には、友達と競う『ファミリー・スタジアム』や『ファミリー・テニス』などは、

やりましたし、それで、コミュニケーションをとっていた部分もありました。

というより、コミュニケーションのとれている友達とPLAYしていたように思います。

また、RPGの『ドラゴンクエスト』もⅠ~ⅤぐらいまではPLAYした経験はあります。

でも、それ以外は、ほとんどやらなかったですね。

現在ではDSなどでは友達同士で『通信』することも出来るようですけど、

あの頃と同じような雰囲気なのかどうかは分かりません。

DSは本来なら我が家にはなかったハズなのですが、息子が幼稚園のバザーで

『特賞』として当ててしまったので仕方ありません。

もう一台は、カミサンの実家から借りたものです。

コンピュータ・ゲームの全てを否定する気はありませんし、その存在を理解し、

付き合い方や取り組み方を子ども達に上手に指導できれば、それで良いのですが・・・

また、コンピュータ全盛の時代を生きていく子ども達を時代遅れに育てる気持ちもないですし、

DSを持っていないと仲間外れになる危険性もあるのが事実。

苦労するのは子ども達ですし、自分もあまりパソコンが得意でない分、

現在は、あらゆる場面でしんどい思いをしています。

ただ、コンピュータ・ゲームのマイナス点や子どもに与える良くない影響を危惧しつつ、

どのように対応させていくべきかは、親としても保護者として、とても悩みます。

ただ、ソフトも含めて買い与えておけばいいというものでもありませんしね。

どちらかと言えば、警鐘を鳴らしたい気持ちの方が遥かに強くて、

それは今後も全く静まりそうな気配はないように感じています。

取り敢えず、子ども達が幼い今は、

『コンピュータ・ゲームに子育てや子守りをさせない!』

『人間同士で円滑なコミュニケーションが図れるような違うツールも活用しよう!』

『アナログ・アナクロに偏った時代遅れな人間には育てないように気をつけよう!』

それらは絶対に守りたい!

と思っています。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆今の今まで知りませんでした。。。

僕が初めてカードゲームやボードゲームの世界を知るきっかけの1つとなった

『ぱふ 阿倍野店』

が、今年の9月30日をもって閉店していたと今頃になって初めて知りました。

天王寺方面に出向くことがほとんどなくなり、しばらくお店にも顔を出していなかったのですが・・・。

まさか、閉店していたとは、露知らず。。。

優しく親切な店員さん、また、ゲームだけでなく各種の外国の玩具が多く、そのほとんどが

木製だったこともあり、幼い子どもを二人連れて一緒に出掛けては、無料で、

様々な木製玩具を体験させてもらい、木のぬくもりや温かさ、肌触りなどを体感させて頂きました。

閉店は非常に残念なことですし、今頃になってしまいましたが、お世話になった感謝の意味も込めて、

記事としてアップさせて頂きました。

どうも有り難うございました。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。