Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 独り言
CATEGORY ≫ 独り言
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

2015年10月21日

1989年に公開されたヒットしたハリウッド映画の

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

の舞台となった『未来の日』が、

今日、2015年10月21日でしたね。

久しぶりにDVDを観なおしました!


マイケル・J・フォックス・・・

かっこいいな!

当時、メッチャ憧れていました!


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

☆福山雅治さんの結婚報道で上昇!?

福山雅治さんの結婚報道を受けて、

福山通運の株価が上昇したという

うわさが流れました。


ウソか誠か?

にわかには信じがたいニュースではありますけどね。


漢字の表記は違いますが、僕の名前も『まさはる』です。

僕は株はどこの銘柄も保有していませんが、同じように、

「運気でも上がるといいなぁ~」

などと

つまらぬ妄想を抱いてしまいます。。。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆またまた返信コメントです

服部様へ

また、文章が長くなってしまったので、返信コメントを記事として掲載しました。


日本に限らず、世界中の国々が、政治・経済・教育・人口・紛争・宗教やイデオロギー上の

対立など、様々な問題を、それぞれ抱えている現状であるのは間違いないでしょう。


最近、難民のニュースを見ていると、日本は、まだまだ平和で幸せで安全な国なんだなぁ

と、痛感します。


さて、日本の子ども達の『教育』について、国政として取り組む優先順位をつけるとしたら

何番ぐらいになるのでしょうか?


取り敢えず、『脱ゆとり教育』路線は、学力の面では、一応の成果を上げているようで、

日本の教育水準が世界の中で少し上がった一方で、

これまでトップランクであった北欧諸国のランキングが下がったというような話を

聞きました。

何を基準にしてのテスト(判断)なのかでも変わってきそうですし、

単純に比較するのもどうかとは思いますが、

自国の子ども達の学力は、やはり、高い方がいいだろうな。

とは率直に思います。

もちろん、その裏で、学力格差などの問題も上がってくるのでしょうけど・・・


今年の9月1日の子ども達がどうであったのか?

特に調べていませんが、自殺者が少なかったことを切に願います・・・

というより、自殺する子どもの件数が0に近づく世の中であって欲しいものです。

もちろん、年間を通して0が一番なのは言うまでもないことですが。


少子高齢化社会に突き進んでいる日本が、国としてやらなくてはいけないこと

って何でしょうね。


どんなことができて、逆に、できていなくて、

これからどんな問題が表面化するのかを考えて

どんなことが必要になって、

そのために、どんな政策を打ち出せばいいのか?

お偉いさん方も手探り状態なのかもしれません。


また、子ども達のために、我々、大人や学校の先生、家族、家庭、地域社会ができることも、

真剣に考えて、実行していかないといけないのでしょうね。


子ども達の将来と未来が明るくありますように。。。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆返信コメントです

服部様へ

Blogへの訪問とコメントありがとうございました。

返信コメントが長くなってしまったので、1つの記事として掲載させていただきます。


子ども達の自殺がクローズアップされるのは

大きな社会問題だと思います。

諸外国ではいかがなものか?

と思ってしまいます。


教育現場では繊細でおとなしく、

『精神的なタフさ』がない(あまり感じられない)子どもも散見しますが、

その一方で、教師(大人や親)の言うことに耳を傾けず、

指示も聞かず、傍若無人の態度で振る舞う子ども達もいます。

そのような子ども達が『精神的にタフ』だとは思いませんが、

最近では『しつけが悪い』のではなく『精神的な病気・障害』として

認知されているようですね。


子ども達の2極化というより、歪曲した多極化が家庭はもちろん、

教育現場や社会では加速化し、顕著になっているのではないか?

と危惧します。


「みんな違ってみんないい」という言葉がありますが、

『違って』の部分が独り歩きして、

昔(僕が体験しているのはゆとり教育とその前の世代ぐらい)と

現在でも大きく違うように感じます。

それだけ子ども達を取り巻く社会環境は激変して、友人関係も、

コミュニケーションも難しく、複雑化しているのでしょうね。

パソコンや携帯電話などのツールが発達しているのが、逆に、

円滑な人間関係の構築に歯止めをかけている傾向があるとも感じます。


友達づきあいや学力に対する考え方も多様化していますし、

親も出てくる家庭間でのトラブルも子どもに悪影響を与えることもありますね。


日本の教育より他国の教育の方が魅力的だと感じている方々も多いようです。


アメリカならいざ知らず、日本国内の都道府県単位でも

子ども達が享受する教育は様々なようですし、

隣の学校同士でも違うし、クラス間でも先生が違えば、

受ける教育も違う場合も多いようです。

教育に関する主義や主張や思想も、先生同士で全く一緒なのは

有り得ないことでしょうし、若い先生とキャリアを積んだ先生が同じ学年を組んだら

手法や技量に色々な違いや差が出てくるものだと思いますが、

目的地は同じであってほしいものです。


日本の多くの先生方は有能だと信じていますが、、

子ども達とその後ろに控える保護者のさじ加減ひとつで、

学校や人間関係は、どのようにでもなっていくので、

今の教師は無力さを感じ、教育に対する熱意や意欲が

乏しくなっているのではないか?

動きたくても動けないのではないか?

言い出したくても口にできないのではないか?

頑張っても報われないのではないか?

努力しても評価されないのではないか?

と思います。

もちろん、見返りを求めて子どもを教育しているわけではないでしょうが・・・


自殺する子どもを救えなくても教師(教育現場)の責任

崩壊しても教師(教育現場)の責任

学力が向上しなくても教師(教育現場)の責任


教師が無力だとは思いませんが、万能の神様ではありません。

ただ、以前に比べて、教師は、保護者どころか子ども達にも

リスペクトされないようですし、保護者からは、

担任同士で比較され、批判も陰口もたたかれます。

まぁ、どこへ行っても、そんな職業や役職はあると思いますが、

教師や担任の先生の存在意義すら危ぶまれているような感も否めません。


教師志望の学生が、かつてより減少しているようですから、

学生にとって『今の教師』という職業には以前より魅力を感じないのでしょうね。

というか『ワリにあわない』と考えられているのかも知れません。

結果、現場では優秀な人材が不足していっている感もあると

TV番組でコメントされていました。


自殺・ニート・いじめ・不登校・学力低下問題・

学級崩壊・学年崩壊・学校崩壊・教育格差など・・・

数え上げればきりがないですが、様々な問題が、

児童・生徒・学生という個人や交友関係、学級や学校のような

“小さなムラ社会”だけでなく

もっと大きな社会全体・・・

もしかすると、日本という国家、いや、それ以上、

地球的規模(特に先進国)で蔓延している気がしてなりません。


アジアの近隣諸国でも、日本より子ども達の競争の激しいと言われている

韓国やシンガポール、中国、富裕層だけが高い教育を受けられる

教育格差の激しい途上国など様々なようですが、

日本人は国際社会で生き残れるのか?

という命題に、自信を持って「YES!」と答えるのには

誰しもが躊躇してしまうでしょう。


『教育は国家百年の計』と言われますが、

政治も経済も、問題は山積みされたまま・・・

というか、大きく積みあがっていくまま、

結論も結果も成果も答えも出ない出口の見えないトンネルが

このまま、どこまでも果てしなく続いていくんじゃないか?

と心配します。


以上、自分の雑感を長々と書き綴ってみました。

長文で申し訳ありません。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆夏休みの宿題・・・

教室の子ども達に夏休みの話を聞いていたら、

ある子が「夏休みの宿題は終業式の次の日に全部終わった!

だって、メッチャ少ないんだもん!」って答えました。

かなりビックリです。

学校なのか学年なのか担任教師団なのかは判りませんが、

これも一つの方針なんでしょうけどね。

でも、まだ、夏休みは1か月以上もあるのに

これでいいのかな?

と考えさせられます。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆今年、1年間、ありがとうございました!

大晦日です。

今年入会してくださったご家庭やお子様、もちろん、以前から入会してくださって

継続してくださっている方々、また、色々と教室のためにご尽力をいただいた方々・

友人など、様々な方にお世話になってどうにかこうにか教室が運営できております。

それから、Blogでのコメントを寄せて頂いた方々や閲覧して頂いた方々にも、

感謝することしきりです。

1年間、ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆今日、銀行に行ったら・・・

「お客さん、元サッカー日本代表のガンバ大阪の遠藤選手に似ていますねぇ~」

と担当者から言われました。

ちょっと、微妙な感覚でした・・・。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村
Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。