Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2011年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年04月
ARCHIVE ≫ 2011年04月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2011年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆G・W2日目、パズル作り初日!

昨夜は読書にふけり、眠りについたのは深夜2時半ごろ(だったと思う)。
今朝は、いつもより、かなり遅い、10時過ぎ頃に目が覚めた。
再度、昨日の読みかけの本の続きを読んで、11時半過ぎに、用意をすませ、
昨日、購入した本を持ち、Edu-Oneの本部教室に向かう。
今日は、G・Wの2日目だが『パズル作りの初日』だ!
何事も“始まりが肝心”である。また、明日は雨のようなので、
自転車が主要移動手段の僕にとって、外出するのは、かなりの困難を要すと思うから、
初日の今日が重要だ。
今日をしっかり乗り気って、明日以降につなげたいと思う。
怠け心や遊びたい気持ちをグッと抑え、雑念を捨て去り、誘惑を払いのけ、
気合と根性を入れて今日の仕事に取り組もう。
いつかきっと、今日という日を振り返り、
『あの時、パズル作りをやっておいて良かった!』
と思える日が来るはずだ。
頑張れ自分!
スポンサーサイト

☆G・W初日!

G・W中の仕事(パズル作り)の参考になる資料を求め、
友人のY氏と一緒に梅田のジュンク堂書店のハシゴを敢行した。
だいたいからして、パズル作りの資料となる書籍は、
既に欲しいと思うものや役に立ちそうだと思えるものは
全てといって良いぐらい、買い漁っているので、
特に目新しい本の発見もなく、資料探しは難航した。
取り敢えず、前から気になっていて、なんとか使えそうだな?
と思う本を1冊、見つけたので、迷った上で思い切って購入
することにした。

何はともあれ、これで、明日からのパズル作りに弾みがつくことは
間違いないだろう。
この1冊を十分、活用させてもらおう!

先日、Y氏より、Y氏自身の起業の話を、Mailにて教えてもらっていたのだが、
本日、食事をしながら、本人より、大まかな構想を聞かせてもらった。

僕自身、ちっぽけながら、今回『Edu-One算数パズル教室』を起業した立場である。
開業までの苦労や労力は、それなりに大きかったし、しんどかったし、
費用もかかったし、今後も困難や苦難の連続だとは覚悟しているつもりだが・・・。
やはり、それには変えられない楽しみや喜びや面白さがある。
だから、同じ起業人としてエールを送りたい。

Y氏の考えを聞く限りでは、今まで、あまり前例のない新しいビジネスを起こす気らしい。
人がやっていないことや手をつけていないことに先陣を切って、開拓していくのは、
かなりの勇気の要ることだと思う。

人の心配をしている場合でも、そんな立場でもないが、
Y氏の勇気ある決断に賛同したいし、彼の英断に出来る限りの協力も
していきたいと思っている。

具体的なビジョンや方向性が決まったら、話を聞かせて欲しいし、
1日でも早く立ち上げの日を迎えてもらいたいと思う。

今日はG・Wの初日で快晴と言うこともあり、本屋巡りだったとはいえ、
気持ちの良いショッピング・デイだった。

子ども達はカミサンと一緒に実家に戻っている。
家でブログを書きながら、ゆっくりと一息ついて・・・
資料も手に入れたことだし、明日から本格的にパズル作りに本腰を入れようと誓う。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村


☆朝からの吉報!

本日は朝から自宅の電話が鳴った。
昨晩、遅くまでパズルに取り組んでいたために、
眠たい目をこすりながら、寝ぼけ眼で電話に出た。
電話対応に失礼があったのではないか?
と、今ごろになっても、とても心配だ・・・。

本日、めでたく、Edu-One都島駅前本部校に新たに
“2人の入会生”が誕生する知らせを頂いた。
こんな知らせなら、深夜であろうが、早朝であろうが、
草木も眠る丑三つ時だろうが・・・、
24時間いつ頂いても嬉しい。
これで“トータル6名”だ。

“開校前に立てた最初の月の目標の『3人』”から考えれば
既に“2倍”の人数となった。
『順調な滑り出しで良かったね!』
と友人のY氏や先輩のM氏にも誉めていただいた。
当初に立てた目標を達成したことには、素直に喜びたいし、
入会を決心して下さった保護者の方にも、
感謝したい気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます!

だが、『途中修正した月間目標の10人』には、
まだ届いてはいない・・・。

常に、目標は高く、一生懸命に努力し、頑張れば手が届くところに、
そして、貴く大きく果てしない夢を持っていたいものだ。

この朝からのサプライズ・テレフォンで、テンションが高くなり、
気分よく、今日のパズル作りに一層、力が入ったことは言うまでもない。
明日からゴールデン・ウィークに入るため、
今月の入会生の電話も「今日で、もう終わりかな?」とも感じるのだが、
あと2日間に賭けてみたいと真剣に思う。

お電話・・・
お待ちしております!



にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村




☆雑念を捨てパズル作りに専念する日々!

一昨日から引き続き、パソコンに向かってパズル作りばかりやっている。
パズルを作っていると、心配事や不安や悩み事などが、少なくとも
パソコンに向かっている間中は、脳裏をよぎらない。
自分自身が、ランニング・ハイならぬ、
“メイキング・パズル・ハイ”
な状態になる。
心配事や不安や悩み事といっても、その全ては
『Edu-One都島駅前本部校についてのこと』なのだが・・・。
もちろん、現実逃避のために、パズル作りに精を出しているという訳では
ないのだけれど・・・。
やはり仕事(パズル作り)に集中すると、精神が安定して落ち着くというか、
心が休まる気がする。
上手く表現しにくいが、とにかく、必要のないことやクダラナイことや
クヨクヨすること・イライラすることを、思ったり考えたりする
スペースや時間を、心や頭に与えないような感覚だ。
仕事をしている間中、心や脳をだましているとでも言うべきだろうか?
そのあたりは、脳科学や精神分析の権威にでも、一度、じっくりと話を
聞いてみたいものだ・・・。
さて、今年のG・Wは、カミサンが子ども達を連れて実家に戻ります。
別にケンカをした訳ではありません!
夫婦仲は健全です!
で、僕の方はと言うと、大阪に残り、パズル作りと小学校の単元別の
算数プリント作りに力を入れる予定です。
先日、Edu-One柏原の子ども達(3年生)に、算数パズルとは別に、
『学校で2年生で学習した算数の範囲の復習』と言うことで、
教科書での学習レベルを、だいぶ高めて(高めたつもりで)、
『かさ(水の量)の単元』と『3桁までの足し算と引き算の筆算の単元』とで
荒金プリントを使って指導を行ったのだが、教科書に載っていない部分にも、
かなり触れている僕の自作プリントは、思った以上に、保護者の方々に好評を
博したようだった。
僕自身、Edu-Oneで扱っている算数のパズルでは、カバーできない
『算数の教科書に出てくる単元の存在がある』ことは、以前から意識していたし、
体験授業の折にも、必ずといっていいほど尋ねられる質問内容(『学校の
算数の内容は指導していただけますか?』) であった。
それで、いつかは、いつかは・・・
とチャンスを、うかがっていたのだ。
今回、保護者の方々に無理を言って、子ども達に、柏原からわざわざ
エデュワン都島駅前本部校に足を運んでもらう。だから、
かさばって普段は柏原まで持っていけない『立体の模型パズル』に
取り組んでもらった。
だから“普段と違うことをやる”には、ちょうど良い機会だった。
指導してみての感想としては、2人ともよく出来ていた。
しかし、Edu-Oneに通う子ども達の全てが、彼らみたいに、しっかり
出来る訳ではないだろうなぁ~
というのが率直なところである。
だから、算数パズルで補えない学習内容は、
Edu-Oneが『“算数”パズル教室』と名乗る以上は、
避けて通ることのできない部分であり、Edu-Oneに通ってくる子ども達全員に、
その時々に応じて“しっかりと履修させておく必然性”を強く感じた。
また、そうすることで、子ども達の算数に対する“理解度”も深まり、
算数に対する“自信”も強くなるだろう。また、“相対的に子ども達の
算数パズルに対する取り組み方にも好影響を及ぼすのではないか?”
そして“Edu-Oneの指導内容の拡大”にも繋がると思える。
もともと、僕は『ゆとり教育“大”反対派』であり、
『脱ゆとり教育“超”推進派』なので、そのあたりは、十分、意識して、
ゆとり教育以前の指導内容も考慮し、網羅した学習プリントを自作して、
算数以外の授業や宿題などにも利用してきた。
今年度、教科書が学習指導要領の改訂も加味された内容へと変わったことだし、
一度、今まで自分の作ってきたプリント類の整理や見直しやテコ入れをする、
ちょうど良い時期だと思う。
算数パズルだけでも膨大なデータ量だが、それに、国語や算数の授業&宿題プリントが
入ってくるとなると、約20年間の教師生活の間に作り上げた莫大な資料の整理となるため、
1~2週間や、そこいらで簡単に終わる作業ではないのは明白だ。
先ずは、明日からG・Wが終わる十日間ほどは、家に、教室に、引きこもりしながら
パソコンとニラメッコしっぱなしで頑張ろうと思う。
肩の凝る日々が続きそうであるが・・・。
日々、これ、精進である。

☆パズル作り三昧!

今日は体験授業もなく、朝からパズル作りにいそしんだ。
誰も居ない静かな教室・・・
と言うより誰も居ないフロアーでの仕事・・・
そう、このエポック・ビルの5階のフロアーには、
Edu-Oneの算数パズル教室しかテナントが入っていない。
この状況で、仕事が、はかどらないわけがない。
取り敢えず、今日、大人のパズルの難易度を低くした
新しいパズルが2つ出来上がった。
G・Wも頑張ってパズル作りに没頭するつもりだ。
G・W明けのEdu-Oneに新しいパズルを引っさげて
パズル教室に挑もうと思う!
子ども達の反応が楽しみだ。

☆体験授業が無事に終了した!

今日の参加者は、都島から少し離れた地域(北区)から、
わざわざ遠く離れたEdu-One都島駅前本部校まで来てくれた
小学生の2人組とお母様と弟さんだった。
お母様に尋ねてみると“ホームページ”を見て、
体験授業の問い合わせの電話をしてくださったそうだ。
今までは“新聞折込チラシ”を見てから、ホームページを
検索してくださる方が多かったが、新聞折込チラシの
配布されていない地域からでも、このように、わざわざ
やってきてくださるご家庭もある。
ありがたい話であるのと同時に、つくづくネットの効力は
すごいものだなぁ~
と感じた。
さて、パズルの方はと言うと、二人とも、4年生と言うこともあり、
少し難しいパズルに取り組ませたのだが、キチンと正答し、
最後までやり遂げることができた。
誰でもそうなのだが、いったんパズルをやり始めると無言になる。
やはり彼らもそうだったし、消しゴムのカスも大量に出た。
少し自宅と本部教室は距離があるが、真面目で礼儀正しい子ども達
だったので、ぜひともEdu-Oneに入会していただいてパズルに
取り組んで欲しいと思っている。

☆昨日はEdu-One姫松とEdu-One柏原の・・・

ダブルヘッダーだった。どちらもスムーズに仕事が行えて一安心である。
午前中の姫松では4年生の男の子が安定して問題に取り組んでいき、
女の子達も、現在、2年生にしては難易度の高い問題に取り組んでいる。
姫松は、今回で3回目だが、みんな、かなり要領を得てきて、
パズルを解くことができるようになってきた。
次回のゴールデン・ウィーク明けに更なる期待をしたい。
一方で柏原の方は、午後からで、今回も男の子二人の一騎打ちである。
先行逃げ切り型のN君に対し、後半追い上げ型のH君という、
タイプの違う二人が対決する図式は見ている僕も面白い。
しかし、とにかく二人とも問題を解くペースが早いので、
採点する方も模範解答と赤ペンを両手に、もう必死である。
特にN君の計算をするスピードがハンパない。
H君も早いのだが、それを上回る早さであり、スラスラ・サラサラと
エンピツが動き、まるで答えを暗記しているがごとく、スピードが
尋常でない。
丸つけが計算スピードに追いつかないほど早い。
と言っても過言ではない。
こういうのを“よどみなく流れるように計算が出来る”というのであろう。
N君のお母様いわく「そろばん等に行っていた訳はない。」そうだが、
他に言葉が見つからないほど、とにかく早いのである。
しかも、二人ともミスが少なく、賢く、
ほとんど休憩も取らない(4時間中で休んだ時間はわずか10分弱)ものだから、
指導する側も、ほとんど休憩を取れず、二人の間を行き来しながら、
ノンストップで採点をしていくことになる。
後半からはH君もスピードに乗ってパズルをこなしていく。
H君の終盤の追い上げも圧巻である。じりじりと前半で引き離されたN君との差を
追いかけ、詰めていく。
本当に二人とも、まるで何かにとりつかれたかのように一心不乱にパズルに没頭する。
おかけで、4時間の長丁場ではあるが、アッと言う間に時間が経つように感じて、
いつも終了時を迎えてしまう。
ダラダラと時計とニラメッコしながら、まだかまだかと時間ばかりを気にして
早く終わってくれ~とイライラするよりも、遥かに健全ではある。
とても良いことだと思う。
しかし、二人が、このハイ・ペースでパズルを解き続けていくと全80種類以上、
数にして、ざっと350、問題数にして4000問近くあるパズルも、
やがて底をつくのではないか?
と心配になってくる。
今年のゴールデン・ウィークはお休みを返上して、パズル作りに勤しまなくては
ならないだろうな・・・。
と感じる。
Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。