Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2013年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年01月
ARCHIVE ≫ 2014年01月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2014年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆今年になって、一人目の教室生が誕生しました!

体験授業の後で、即実入会の意向を表明してくださいました。

少し遠いところから通うことになりますが、2年生の男の子が入会を

決めてくださいました。

ありがとうございます。

算数パズルも操作系のパズルもキッチリできたし、しっかりとした素直ないい男の子でした。

また、ボードゲームも気に入ってくれたみたいで良かったです。

それと、いつものことですが、裏でいろいろと僕や教室のために動いてくれて、

知り合いに声をかけてくださったり、紹介をしてくださっている保護者様のお一人の

K様のご尽力にも感謝をしなければいけません。

いつも気にかけてくださり、誠に有り難うございます。

教室生が増えるのは有り難いことですし、一緒に切磋琢磨していく仲間が増えるのも

とてもいいことです。

さらなる教室生の増加と業務の拡大をめざし、そして、今年度末を乗り切り、

来年度へ向けて頑張っていこうと思います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

☆新年の目標にあった・・・

『たとえ小さくても良いことをたくさんしよう!』

ですが・・・


今日、ミナミに用事を済ませた後、地下鉄で教室に戻ってきて、

改札口から地上へと続くエレベーターに乗りました。


最初に乗っていたのは、車椅子の方でした。


地上に到着して、ドアが開く瞬間に。。。

「失礼かな?」

「迷惑ではないかな?」

とは思いましたが、背中越しだったけど、勇気をもって、

「何か、お手伝いすることはありませんか?」

と尋ねてみました。

「いえ、大丈夫です。 でも、どうも、ありがとうございます。」


何をしたわけじゃないけど、とても“いいことをした気分”になりました。


振り返ってお礼を伝えてくれた方は、とてもかわいらしい、笑顔の素敵な女性でした。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆最近、教室で人気のゲーム・・・

Edu-One算数パズル教室では、いつも学習が終わった後、

頑張った子ども達へのお楽しみTimeとして、

教室生や保護者の方々も一緒に、みんなでゲームをしています。

このBLOGでもボードゲームの話題を良く取り上げていますが・・・

最近、大人も子どもも夢中になっているゲームの1つに『キャプテン・リノ』があります!
キャプテン・リノ / Super Rhino!【並行輸入品】キャプテン・リノ / Super Rhino!【並行輸入品】

Haba

商品詳細を見る
ルールは簡単でトランプほどの厚さの紙で、

写真のようなタワーを作り上げていけばいいだけなんですが・・・

基本的には協力ゲームのようで、ちょっと他のPLAYERに意地悪もするゲームなのですが、

なぜか大人も子ども達も大興奮で大騒ぎするのです!
CIMG9137_convert_20140213234915.jpg
≪最初は、こんなに低いタワー(まるで2階建ての家ですね!)なのですが・・・≫

エアコンの風圧でタワーが倒れる可能性もあるので、念のために暖房を切ってPLAYしていますが、
2014020812320001_convert_20140213235129.jpg
≪だんだんと高くなっていき、キャプテン・リノの水色のコマも移動し、バランスを微妙に変化させます!≫

寒さも忘れるほど熱く熱く盛り上がります!

タワーの高さ以上に子ども達のテンションの方が高くなります。
CIMG9132_convert_20140213235831.jpg
≪人が動くだけでも揺れて崩れ落ちそうになりそうです! クシャミなんて絶対にできません!≫
2014020816160001+(2)_convert_20140214001946.jpg
≪まだまだ余裕の表情でタワーを高くするMさん! それにしても、いつもCOOL!≫
2014020816190000.jpg
≪さすがに胸の高さを超えてくると、かなり緊張してきますよね! 怖い・恐い!≫

子ども達だけでなく大人達にとっても、かなりスリリングで、なかなか面白いです!

なんと言っても、崩してしまったら最後、それでドベ確定ですからね!

そして、子ども達に怒られ、笑われ、Booingの嵐・あらし・アラシです・・・

めっちゃ緊張します!

緊張すると余計に手が震えてしまい、ちょっと心臓に悪いゲームなのかも???

ただ1つだけ、心残りなことがありまして、全部の壁カードがなくなって、

完成し終えて高くそびえたつタワーをいまだかつて誰(僕)も見たことないんですよね!

いつ完成するんだろうなぁ~?

『キャプテン・リノの独りPLAY』は

ちょっと虚しいと思いますので止めておきます。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆現在、都島の教室には年長さんが4名いますが・・・

その年長さんの4人に、昨年の秋ぐらいから保護者の了承を得て、

徐々に小学校1年生の算数のエッセンスのあるパズル問題や教員時代に作成した

プリントなどに取り組ませています。

『1年生になった時の算数の学習のアドバンテージ』を考えてのことですし、入学する前に、

トレーニングもしておいて、他の子ども達より算数に自信を持って臨ませたい!

と思ってやり始めました。

「前倒しすることや先取りすることばかりの教育が良し!」

とは、全く思っていませんが、幼稚園の年長ともなれば、小学校1年生の基本的な算数の学習は、

ほぼ出来るというのが僕の経験上での判断です。

ということは、この時期を逃すのはもったいない!

という考え方なんですね。

3~6か月ぐらい先を見て、早めに学習をやっておくことが、僕の理想とする指導進度のスタイルですし、

学習は『コツコツ積み上げ式の先行逃げ切り型』が良いと思っています(特に女の子)。

もちろん、出来る子には、本人と保護者が望めば、どんどん先に進ませることも

良しとしています。

子ども達の無理や負担のないように、僕流のメソッドを提示して消化させていっています。

幸い、4人とも無難にこなしているので、小学校に入学した時に、

クラス内で『算数パズルをやっている自負』と『算数という教科に対する優位性や自信』を持って

授業に臨むことができるんじゃないかな!?

と思っていますし、願っています。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆新年1月も早いもので残り数日となりました。。。

教室に通ってくれている子どもた達の指導が、新年を迎えて、

ほぼ1周りもしくは2周りほどしました。

やはり、みんな、冬休みを経て、伸びてきているように感じます。

いや、間違いなく伸びています。

もちろん、そうでないといけないのですが、驚異的に急上昇している

子どももいますから、授業の進度が早くなってきていますし、

指導する内容レベルや問題の難易度が上がっているにも関わらず、

同じ時間で、こなす問題量も増えています。

こんな調子で、みんな常にボトムアップして頑張ってほしいなぁ~

と思います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆Edu-One柏原にて!

もうすぐ契約期間満了で、残念ながら解散してしまうEdu-One柏原教室なのですが、

新年、最初の指導でも、明るく楽しく面白く、そして、真面目にハイレベルな授業が

展開されました。
CIMG2256_convert_20140212020313.jpg
≪算数パズルに嬉々と手して取り組むH君! パズリング・ハイ状態なのかな!?≫

たった二人なのに、とにかく頭の回転が速いのでマルつけで必死です。

「先生、出来ました! 丸つけしてください!」

「先生、出来ました! こっちもよろしくお願いしま~す!」

のオンパレードです。

でも、決して問題は易しくはないです。

というより、難しいはずです。

中学生や高校生はもちろん理系の大学生や大人でも、かなり手こずると思います。

もしかしたら、出来ないこともあるんじゃないかな?

と思うレベルの問題もありますが、彼らはいとも簡単に平然とこなしていきます。

以前、大学生が、教室に遊びに来たことがあり、教室にある難しい

問題をやってみたところ、全問正解でしたが・・・

「結構、難しいことを子ども達はやっているんですね!」

と、彼らが4年生の後半でやり終えた問題を2時間弱かかってやり終えた出来事が思い出されます。
CIMG2257_convert_20140212020651.jpg
とはいえ、彼らが真面目一徹で学習ばかりの少年達なわけでもなく、写真を見てもお解りだと思いますが、

表情にも余裕がありますし、一見すれば、どこにでもいる小学生です。
CIMG2300_convert_20140212022951.jpg
≪互いにライバルの意識はしてない訳ではないと思いますが、幼稚園からの仲良しコンビです!≫

常にユーモアやウィットに富んでいますし、シャイな部分もありますし、

おしゃべりもイタズラも適度にはしています。

いつも『大量に出る消しゴムカス』を話題にしますが、今日は鉛筆の話ですが・・・
CIMG2262_convert_20140212021450.jpg
消しゴムのカスはいつもの通り、大量に出ましたが、この日は30分ほどで写真のように

H君の5本の鉛筆の芯がすり減ってしまい、使えなくなりました。

筆圧の加減もありますが、問題を解く速さがすさまじいことを表しています。

とにかく算数パズルやらせたら、計算系であろうが、図形系であろうが、迷路系であろうが、

立体系であろうが、操作系であろうが、論理的なパズルであろうが、

どんな問題でも全くお構いなしに、躊躇せず勢いよく解いていきます。

一体、いつのころからこうなったのか?

僕の記憶はあいまいで定かではありませんが、3年の終わりか4年の初めの頃には、

既に、その兆候はありましたし、僕なりに感じていました。

現在は算数パズル“無敵”の少年達です。

真剣に考えながら勝負ししつつも、ゲームでは“楽しむこと”を決して忘れてはいません。

子どもながらに余裕が見え隠れします。

この日のゲームは『ピクトマニア』でした。
ピクトマニア 日本語版ピクトマニア 日本語版
(2012/08/25)
ホビージャパン

商品詳細を見る
僕も参加させていただいたのですが・・・

N君のイラストが、とんでもなく・・・

とにかく面白くて、ユニークで奇抜で、みんなで笑いっぱなしでした。
CIMG2265_convert_20140212022251.jpg
【 絵 : N画伯    解答:ゴリラ    そりゃ、わからん! でも当たった! 】
CIMG2277_convert_20140212022448.jpg
【 絵 : N画伯    解答:コガネムシ  ありえへん! でも、何故か当たった・・・ 】

って感じで、全てがこのような絵ばかりなので、PLAY中でも足腰たたないぐらい腹を抱えて笑いました。

笑いのツボにはまったというか、N君のイラストに魅入られてしまいました。

それでいて、優勝したのは、なんとN君本人でした(それ、反則ちゃうか?)!
CIMG2286_convert_20140212022722.jpg
≪ゲームのシステムに問題があるんじゃないのかなぁ~?とさえ思ってしまいますが・・・≫

保護者の方々もH君も、N君にBooingしながらも笑いっぱなしでした。

ホンマに息ができない、酸欠状態のようになりながら、ゲーム終了後の

学習再開時でも、奇妙なテンションに身を包まれ、力が入らずヘラヘラしてしまいました。

算数パズルあり、真面目あり、考えどころあり、真剣さあり、ゲームあり、笑いあり、

論理的な解説あり、ユーモアあり、トークあり、人生論あり、夢や未来や将来の語り合いあり・・・
CIMG2299_convert_20140212023752.jpg
そして、なんといっても『親子愛』・『親子の絆』もある・・・
CIMG2298_convert_20140212023631.jpg
ここが『Edu-One算数パズル教室』の原点であり、出発点だったんだな!

と、つくづく思います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆「ぶつぶつ」系ささやき女子!

「ぶつぶつブツブツ・・・」と言ってもお経を唱えているわけではなく、

ニキビがあるわけでもなく・・・

いつも小さな声でささやいています。

また、指を使っているのはピースサインをしているわけでも、

指折り計算をしているわけでもなく、彼女なりの思考の確認をしているようです。
2014020815220000+(2)_convert_20140209032328.jpg
この「ぶつぶつブツブツ・・・」の具体的な内容はというと・・・

「え~っと・・・。ここで考えられるのは、足し算して『7』になる数字。

  『3と4』、『6と1』、『2と5』の組み合わせの3つだけ!

  でも、『6と1』は、もう使われているし、間違いなくココでは使えないから、

  『3と4』か『2と5』が残る。

  ここの所に3が入っているから『3と4』も使えなくなるから、

  『2と5』の組み合わせしか残らないけど・・・。

  『2・5』と書くか『5・2』と書くかは、今はまだ決まらないから、ここにメモしておいて、

  次に手掛かりになりそうな場所はココだから・・・。

  それで使える数字の組み合わせを、もう一度、考えて確認すると・・・」

って感じです。

これを、ぶつぶつブツブツと延々とつぶやき、ささやき続けながら正答を解明していきます。

問題の途中で別のことをやると思考がストップする恐れがありますから、

『集中力を切らさない』という意味でも、かなりのハードワークとなっていて、すごいです。

問題1問につき4~5分ほどかかりますが、その間は、無酸素運動をしている雰囲気に似ています。

このあたりは単純な計算トレーニングなどとは似ていますが、アタマの使い方は全く違いますね。
2014020815170001_convert_20140209032637.jpg
僕は、彼女のような

『見通しを立ててダンドリよく論理的な思考が出来る子が将来とても“賢い大人”になる』

と信じて疑いません。

とにかく

『考えるのが大嫌いで面倒だ!』

『あてカンで、たまたま当たって、先生から丸がもらえた! やったね、ラッキー!』

では全く通じない世界の扉を自力でこじ開けて、

『考えなきゃ始まらないし、何にもできない!』

という世界で奮闘しているMさんです。

このような『段階をおって説明のできる論理的な思考』を鍛えた子は『先を読む力』と

『ダンドリをする力』と『説明責任を果たす力』・・・

そして、問題に対峙して題意をつかんだら『解く方法や答えを出すイメージ』を

自分なりに頭の中に描き出して『解法するにあたって過去の自分の経験データを検索』して、

それにもっとも適した、もしくは、似通ったやり方を選択して、

『自分自身の力で手間暇かけず最短ルートで問題の解決にあたっていける大人』に成長していける!

と考えています。
2014020815140000_convert_20140209033354_convert_20140209034458.jpg
≪数問、正解して「ふぅ~」と一息ついて安堵の表情を浮かべ、天を仰ぐMさん!≫

これらの様々な能力は、学生時代の算数や数学だけでなく、大人になっても、社会にでてからも、

実生活でも、人との関わり合いにおいてでも、家庭でも、間違いなく身につけて、

磨いておいた方がよいと思える能力やスキルですし、自分自身、このような力を幼いことに

磨きたかったと思います。

仕事をする上でも、もっと高いレベルで持っておきたかったなぁ~

と、よく後悔しています。

先日、あるお母様に「先生の指導は『種を蒔く』ようですね!」と言われましたが、

お褒めの言葉として受け取り、とっても嬉しくて納得しています。

とにかく、大事なのは“目先のこと”にとらわれすぎないこと!

恥ずかしながら、自分自身も教員時代には、そんな時が多々ありました。

目先のことや通過点である部分を『ゴールだ!』と間違えない考え方やスタンス、

ゆとり教育とは違う『ゆとり』が大事だと思います。

ただ、どの発達段階や年齢においても、『その時が旬』ということがありますから、

タイミングを計り間違えないことや足元はしっかり固めておかない(畑をきっちり耕しておかない)と、

どんな良い種を蒔いても素敵で綺麗な花は咲かない。

ということも十分、考えられます!

子どもで出来ない手入れは、大人がしてあげないといけません。

水も肥料も忘れずに、適量・適度に上げないといけません。

時には雑草を刈ることも大事です。

だからといって『無菌室で純粋培養で育てるような教育』はしたくないですし、

抵抗力や免疫力はある程度、自分でつけていってもらわないと困ります。

なので、僕の教室では、算数パズルだけでなく、トレーニング的な学習も子どもに提供しますし、

小学生の高学年にも操作系のパズルもさせますし、

算数も国語もボードゲームも子ども達にやらせているわけです。

大人になっても困らないスキルや能力、作法や考えるクセや判断力などを

つけておいてあげたいと思うからです。

話を戻して、昨年の秋ごろから急激にブレイクしはじめたMさんのさらなる活躍・・・
2014020813340000_convert_20140209041731.jpg
彼女は背も高いし、顔だちも大人っぽく見えるのですが、まだ小学校の1年生なんです。

初めて逢った他の子ども達から「え!? まだ、1年生なん?」って

びっくりされることもよくあります。

1年生だし、まだまだ伸びしろはあるようですし、表に出してない内に秘めたるポテンシャルも

たっぷりありそうですから、今後の成長がますます楽しみです。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。