Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆親子で楽しめるカードゲーム&ボードゲーム④TOP算数パズル教室 ≫ ☆親子で楽しめるカードゲーム&ボードゲーム④

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆親子で楽しめるカードゲーム&ボードゲーム④

僕の運営しているEdu-One算数パズル教室では、学習のあとに、

ボードゲームやカードゲームを使って、

親子の団欒の場として、楽しくPlayしています。

そんな時に良く使う便利な『“鉄板”ゲーム』をちょっとずつ紹介してみよう!

と思います。

ハゲタカのえじき】:バッテイング・かけひき系・ルールは簡単・3歳~・3人~・20分ほど

CIMG2046.jpg

場に提示されるカードは最大が10で、最も小さいカードが-5の15枚です。

それらのカードを獲得するための手札は1~15までの数が書かれた15枚です。

数の大きなカードを取りたければ、手札から大きな数をだして単独で1番になること、

逆にマイナスのカードは一番、数の小さいカードを提示したプレイヤーが

取らなければなりません。

ただし、他のプレイヤーと提示したカードの数字が同じ(バッテイングした)ときには、

そのカードを出したプレーヤー達は、そのターンには参加してないことになります。

例えば、4人プレイで提示したカードが15・15・15・10の場合は、

10を提示したプレーヤーの獲得になります。

また、マイナス札の場合は、3・3・4・5となった場合は、3の二人は参加してないことになり、

4を提示したプレイヤーがマイナスのカードを取らなくてはいけません。

獲得したカードの加法・減法で点数を計算して、最も合計の大きいプレイヤーの勝ちとなります。

数字の解らない幼い子でも1枚ずつカードが出せれば参加できます。

大人と子どもの考え方の違いが表れて、意外に子どもが勝つことが多いです。

鉄板の逸品です!


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

編集
Edu-One様、こんにちは。

おすすめの「ハゲタカのえじき」ですが、日本語版も販売されているようですので、既に購入を予定しています。

もう1つ位はカードゲームをキープしておきたいので、大富豪に似たルールの国産の「ピラミッド」の購入を考えています。

ただ、もう製造はしておらず入手困難な模様。

この2つを購入予定ではあるものの、入手がなかなか難しく、うまくいかないものですね。

またご連絡いたします。
2013年03月02日(Sat) 08:25
編集
「マイナス」の概念を教えるのにピッタリなゲームですね(^^)

意外と教育的価値が高い?(^^)
2013年03月02日(Sat) 16:47
編集
ジョータロー様へ

日本人のゲームデザイナーが作っているという意味ではなく、

国産というのは、日本語版ならOKなんですね?

それでしたら、他にも何かあると思いますので、

探してみますね。

2013年03月02日(Sat) 21:33
編集
ポールさんへ

教育的な価値は高いと思います。

娘は、最初に、このゲームで数字を覚えましたし、マイナスは数字が

大きいほど小さいということも少しは理解しました。

簡単な数字の足し算引き算のエッセンスもありますし、

とても利用価値がありました。

このあと、ゲシェンク・6ニムト・金庫やぶりのジギ・23・・・

とPLAYしていき、幼稚園でも、ある程度は教えてもらっていますが、

いつの間にか数字を覚えてしまいました。

2013年03月02日(Sat) 21:38
編集
Edu-One様、こんにちは。

話をややこしくしてしまい申し訳ありません。

狭いスペースで遊べるカードゲームを探している事に変わりはありません。

ただ私の我侭な知り合いが「えー、外国のゲームなの?」とか言うものですから、「じゃあ国産のゲームを探してみる。」という流れになってしまっただけです。

ですので、ゲームのルールさえ分かれば正直な話、外国産でも国産でも購入するつもりです。

以前ご報告した通り、子供向け意外、反射神経を使うもの意外のカードゲームが対象ですが。

「ハゲタカのえじき」は購入決定ですので、あと1つお心あたりございましたら、是非とも教えて下さい。

ご迷惑おかけしました。
2013年03月03日(Sun) 00:44
ジョータロー様へ
編集
繰り返しになるかもですが・・・

狭いスペースということでしたら、

『23』

というカードゲームが良いと思います。

なかなか思い通りにいかないので、

しびれますけどね。
2013年03月03日(Sun) 21:22












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。