Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆静寂の指導時間・・・TOP算数パズル教室 ≫ ☆静寂の指導時間・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆静寂の指導時間・・・

3年生の女の子Sさんの指導でした。

すごく真面目で努力家の3年生です。

「3年生ぐらいのレベルの算数パズルの冊子です。どれも3年生が学習するぐらいのレベルです。

 これは、計算系・図形系・こちらは迷路系・・・どれでも、お好きなものを選んでいいですよ。」

とSさんに言うと「これ!」と選んだ1冊の冊子・・・

実は、一番、難易度が高いもの(4年生でも難しいもの)を選んでしまいました。

それでも選んだ以上は頑張るしかありません!

先ずは問題の説明です。

1問目は解法の確認も含め、一緒に解きましたが、あとは自力解法あるのみです。

途中、1回だけヒントを求めてきましたが、その問題をクリヤーして、また、自力解決を続けます。

残念ながら時間切れで、その日は1冊は終わりませんでした。

ほとんど、女の子と僕とお母様の3者は、静寂のなかで淡々と授業は進み終わりました。

教師と言うのは基本的におしゃべりが好きな人種が多いですが、僕も言いたくなるのを

グッ!とこらえるのはしんどくて、しゃべりたくなるし、教えたくなるのですが、

そこをグッと抑えます。

Edu-One算数パズル教室での指導としての僕は、これでいいと思っています。

Sさんは時間いっぱい、ずっと頭を使って冊子全体の約2/3の問題を終わらせました。

次回で、今日の冊子を終わらせて、新しいパズルに入ると思いますが、

この授業ひとつ見ても、子どもが自分で考えて正解を勝ち取ったことは、

とっても値打ちがあることだと思います。

今回、Edu-One算数パズル教室に入会して下さった子ども達は、

みんな頑張り屋さんですから、とても授業がやりやすいです。

いつも、子ども達から“いいモノ”を見せてもらってますし、

元気や自分で努力する大切さなども見せてもらっているので、とても有り難い限りです。

もちろん、頑張った人には、終わったら、ご褒美が待っていますよ。

本日のゲームは、カードゲームのテッパンの1つ『ゲシェンク』です。
ゲシェンク日本語版(Geschenkt) / Amigo・メビウスゲームズ / Thorsten Gimmlerゲシェンク日本語版(Geschenkt) / Amigo・メビウスゲームズ / Thorsten Gimmler
()
Amigo・メビウスゲームズ

商品詳細を見る
ゲームは、頑張った子ども達への先生からのご褒美です。いくら弾けてもらっても構いません。

本日の結果は以下の通り

①お母様 ②僕 ③Sさん

でした。

真剣勝負の授業の後に、これまた、親子で楽しむ真剣勝負のカードゲームを楽しむ!

頑張った後のお楽しみ・・・

おしゃべりしながら、ツッコミ入れながら、楽しみながら、考えながら、勝利を目指す真剣バトル。

好きなんですよね、こういう雰囲気も!

すごく、メリハリがついてます。

では、また、来週も頑張りましょう。

明日は、これまた頑張り屋さんの女の子Hさんです。

同じ年の娘も参加させる予定です。

互いに切磋琢磨できると良いと思います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

編集
素晴らしいですね!^^!

『待てる』…という事が今の先生…というか特に中堅どころの先生には苦手らしく、つい助け舟を出してしまい、子供の『考え抜く』力を削いでしまうらしいです。

ぐっとこらえて待てる先生が少ない中、とても素晴らしい教育をなされていると感心しました。

ご褒美も楽しそうでいいですね~★
2013年05月09日(Thu) 11:31
僕も気持ちでは、まだ若いつもりなんですが・・・
編集
ウダモさんへ


『待つ』ことって授業だけでなく、いろいろな場面で難しいし重要ですよね。

トラブルの時も『待ったほうが良い』と言うことも往々にありますからね。

ただ、教師に与えられた時間は限られていますし、授業で目的やねらいが達成しないのも

問題です・

塾などの先生なら、なおさらで、余計に時間との戦いになりますよね。

基本的に時間の延長など出来ないですから・・・

だから待てずに、教え込みになるんですよね。

やってない問題が、たくさんあれば、保護者はやはり不審に思いますからね。

ご褒美は個人的な趣味みたいなもんです。

たまに、僕も入りますが、親子で楽しそうに争うのも、微笑ましくていいもんですよ!


2013年05月11日(Sat) 01:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。