Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆ゲーム会のリポートばかりでしたので・・・TOP算数パズル教室 ≫ ☆ゲーム会のリポートばかりでしたので・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆ゲーム会のリポートばかりでしたので・・・

久しぶり(?)に授業の様子記事のUPです。

最近は、どちらが本業?

みたいな内容のBLOGの更新ばかりでしたが・・・

今日は本職(?)の教室長に戻りまして、カッチリ(?)と授業をした様子をリポートします。

今日の授業は、少し前に指導した柏原教室での一コマです。

この日は、都島から、操作系のパズルの『カタミノ』を2つ持っていきました。
CIMG7688_convert_20130913002140.jpg
2つともなると、さすがに木製・・・

重たいです。

いやぁ~、Edu-One算数パズルの生え抜きの5年生でも、久しぶりの操作系のパズルには、

最初は手を焼いていました。

どうにも、動きがぎくしゃくして、頭が固くなっているように感じました。

おいおい、幼稚園児の方が先の問題クリアーしてるぜ!?

しばらくは、もがきあがていましたが、途中からカンを取り戻したように、
Gigamic カタミノ / KATAMINO 最新版 (並行輸入) 日本語解説つきGigamic カタミノ / KATAMINO 最新版 (並行輸入) 日本語解説つき

不明

商品詳細を見る
スラスラと出来ていきました。

やはり、1年~数か月ほどのブランクでは腕は錆びないようです。

でも、最初は、ちょっと心配しましたけどね。。。

なぜか・・・

お母様方も『カタミノ』にご興味を持ったようで、久しぶりに親子での2ショット!
CIMG7726_convert_20130913003521.jpg
まるで、低学年のころにタイムスリップした感じです。

昔は、親子で一緒に考えていましたよね!
CIMG7727_convert_20130913004223.jpg
ちょっと懐かしく、微笑ましくも感じました。

ペーパーは大事ですが、やっぱりペーパーばかりに偏重するのは良くないことのような気がします。

幼いうちは、頭を働かせながら、指を動かすことや作業をすることも大切です。

と、再認識できました。

もちろん、彼らは、ペーパーの算数パズルも余裕でこなしていました。

この日、持っていった『スライド・ステアーズ』という算数パズルは、

20分ぐらいで全問正解されました。

どんだけ、君ら、賢いねん!

どんだけ、パズルを作るのに時間がかかってると思っとんねん!

少しは空気を読めよ!

と言いたいですね!

今日のゲームは小物(小箱)ゲームの3点セットですが、

どうしてどうして・・・

侮れない面白さやジレンマ、推理・推測・判断があります。

『イチゴリラ』
CIMG7690_convert_20130913082235.jpg

CIMG7696_convert_20130913083329.jpg
可愛いイラスト、ポップな色使い、それでいて、かなり悩ましい!

『ごくう』と『ごりら』の各5枚、『ヨット』と『定規』の各4枚・・・

とにかく、似すぎやろ?

こんなん、覚えられへんよ、先生は!

『ドラゴンの宝物』に、さらに工夫を凝らして、少し難易度をあげて、
Winning Moves ドラゴンのたからものWinning Moves ドラゴンのたからもの

Winning Moves

商品詳細を見る
携帯しやすいように、小さくコンパクトにしたって感じです。

タイルがそろった時の喜びは大きいですが、ハズレばかりだと、他のPLAYERへの

ナイス・アシストとなるので、とても辛いのです・・・。


『大きさ比べ』
CIMG7720_convert_20130913084001.jpg

CIMG7719_convert_20130913084731.jpg
100均で同じ絵柄のトランプを2つ買っても、1~7ぐらいの数字(マークは使わない)を使って

同じようなことは出来ますが、子どもは、きっと直ぐに飽きてしまうと思います。

このゲームは、7種類の生き物のファンシーなイラストを、それぞれ8~9枚のカードに描きました。

こうすれば、子ども達は全く飽きないし、大人もゲーム内容で楽しく参加できる!
大きさ比べ大きさ比べ

Fuchs & Fertig

商品詳細を見る
次のカードに出てくる動物が、前のカードの動物の体の大きさと比べて、

「大きい」か「小さい」かを比べるだけなら良くありますが、

このゲームのキモは「同じ」という選択肢が入っています!

その3択で判断するのですが・・・

この「同じ」が結構、曲者なんです。

ホンマに同じイラストが、結構、出てくるんですよ!

例えば、目の前に一番、小さいアリンコが出てくれば、誰でも次のカードは大きいと言うでしょうが、

そんな時に限って、同じアリンコが出てくる・・・(涙)

よほどの自信がないと「同じ!」とは言えないんです!

カウンティングできるレベルのカード枚数でもないですからね。

1度、チャレンジして当たれば、パスはいつでもできますし、

バーストさえしなければ、気が済むまで何度でも続けることもできます。

でも、外れれば、場に出ている全てのカードを手札に回収するペナルティーがあります。

チャレンジをして、小出し小出しに手札を減らしてパスするか、

手札の順番、特に、間違えた時の前後のカードも含めて覚えておくことが大事です。

チャレンジしにくい、また、自信が持てないカード(中途半端な身体の大きさ生き物のカード)の時は

パスして相手に無理やり押しつけましょう。

手札を早く出し切ったPLAYERの勝ちです。

『ピッグ10』
ぴっぐテン 日本語版ぴっぐテン 日本語版

Zoch/メビウス

商品詳細を見る
みたいに、同じ生き物でも、すべてのイラストが変わっていると、

もっと素晴らしかったと思いますが、今のままでもオモロすぎです。

記憶でも勘でもPlayは出来ます。

ゲームを通して、つくづく、5年生とはいえ、子どもは『数字』や『記号』ではなく、

『色』や『形』・『絵(イラスト)』なんだな~

と痛感します!

この部分は算数パズルの作成でも、これから考えていかないといけない留意すべきポイントです。

それにしてもたった7種類の動物のカードを9枚前後、つくるだけで、

これだけ楽しめるゲームなんて、凄いシステムであり、アイデアの勝利なのでしょうか?

夏休みの子どもの自由工作でもできるレベルなのですが、

脱帽する他ないほど、素晴らしく良くできたカードゲームだと思います。


『グ~スカ パ~スカ』
CIMG7707_convert_20130913090357.jpg
親子で勝負、子ども同士&親同士でもPLAYしました。

たかがジャンケン、されどジャンケン!

ジャンケンだけでも小さい子は面白いのですが、このゲームでは、

カードの枚数を、チョキが6枚・グーとパーは3枚ずつ(の合計12枚)と違いをつけたり、

12枚のうち、配るのは5枚ずつの合計10枚などと、軽くルールに条件づけをしています。

使わない2枚の種類は、どの種類のカードであるのか?

頭を使い、推理し判断するほかありません。

何度かPLAYしていくうちに、自分の手札と見比べて、相手に取られた札や、相手の持っている札、

使わない2枚のカードが、おぼろげながら想像できるようになります。

いち早く、使用されている10枚のカードの種類(グーかチョキかパー)と

使用しない2枚のカードの想像が『確信』に変わったら、

優勢にゲームを進めることが出来るでしょう。

勝った方は場に出ているカードに描かれている数だけ、コイン(全部で13枚)を獲得し、

負けた方は、場に出されたカードを全て引き取ります。

シンプルなジャンケンをカード化し、3つほどの『条件』という名の『スパイス』を加えただけで、

楽しく熱く、そして悩ましげな心理戦が展開できるカードゲームへと昇華させました。

もちろん、何にも考えずにカードを使った、ただのジャンケンとしてもPLAYは可能ですが、

それでは、あんまり面白くないんですよね。

ブラフあり、かけひきあり、推理あり、判断あり、推測あり、想像あり、決断あり・・・

厚く頑丈な小箱ですから、旅行のお供(他の紹介した2点も)に携帯するのも良いかと・・・。

2人用なのでカップルでPLAYするのもオススメです。

ちなみに、僕は2箱、購入しました。

家族4人でも2人ずつ2組で、同時にPLAYできるように・・・

そして、2箱あわせて、3人で出来ないものかと?

考えましたが、なかなか難しいものがありました。

でも、もっと工夫して、知恵を絞ったら、なんとか出来そうな気がしています。


いやぁ~、今日も一日、かなり頭を使って楽しかったです!


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。