Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆ルールや規則や規約は、一体、何のためにあるの?TOP算数パズル教室 ≫ ☆ルールや規則や規約は、一体、何のためにあるの?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆ルールや規則や規約は、一体、何のためにあるの?

こと最近と言う訳ではありませんが、約束や規則や規約を簡単に破り、それを悪びれるどころか、

何とも思わないというよりも、コッチが『正しいやんけ!』って思ているような人々が、

多くなってきている気がします。

そういう方に限って、最初は表面上だけ、こちらの話や規則を納得をしている場合が多いようです。

つまり“さも、解ってますよ”という“ふり”をしているわけです。

いざ、損得勘定が働くような有事の際に『無理を通せば道理が引っ込む』と言わんばかりの無法ぶり。

ここ最近の世の中・・・

駄々を強くこねたモンが勝ち、文句を声高に言ったモンが勝つ!

反抗できない気の弱い人が泣きを見て、言い返せない人が我慢を強いられる。

権力と金がモノをいう世界だ。

正義も真心も思いやりも気遣いも全く関係ない!

真面目な人達やルールを守る人達が損をし、バカをみる。

そんなことが横行する世の中。

世界に冠たる日本の道徳心や公徳心はどこへやら?

道徳心も倫理観も、悪しき日本の古き遺産であるかのように、簡単に破り捨てていく。

相手のことなんてコレっぽっちも考えていない、傍若無人の振る舞い。

まさに、独りアナーキーJAPANです!

こんなバカげた世界があるか? 

いや、あってたまるか!

と言いたい。

少なくとも、そんな世界で僕は生きたくないし、子ども達には、そんなバカげた教育をしたくない。

そのような『裏世界の存在』は知らしめても、そうすることは間違っていて、絶対に良くないんだ!

ってことを教えてあげるのが、真の教育だと思う!

僕には、絶対に、No Thank You な、居心地の悪い世界だ!

愛すべき妻や子ども達や僕を信じてくれている教え子たち・・・

僕の守るべきものすべてに、領域に、空間に、そんなくだらない考え方をはびこらせたくないと誓う。

不法に侵入した者や途中で豹変した者が、ヤカラする時には、断固として闘うし、守るべきものは絶対に死守する!

たとえそれが不器用な生き方と言われてもいい。

信じる道は変えられないし、変える必要もないと思っている。

一体何のために、この世に生を受け、育ち、そして、何のために、何を生きがい信じて生きていくか?

それすら、ぼやけて、かすんでしまうからだ。

「お前、ホンマにバカやなぁ~、世の中とはそんなもんやん!」

と、さらりと言えるほど、僕は偉い人間になっているわけでも、世間を知っているわけでもない。

たとえ、僕を理解してくれる人が少人数だけでもいい。

昔から、そうだったし!

世界や世間を相手に闘える気概も勇気も実力もない。

だから、数少ない人達だけでも、たとえカミサンと我が子だけでも、僕を理解してくれればそれで十分だ。

共感できる人だけとツルみたいと思う。

擁護派は少なく、反対派が多いのも分かっている。

でも、もう、慣れた!

自分のアイデンティティを守るためには、逃げずに闘うことが、必要なんだと痛感した。

無血革命は不可能だ!

多少の負傷やリスクは覚悟の上!

ずるい人間や腹黒い卑怯な権力者に媚びへつらう必要はないし、媚びへつらってほくそ笑むヤツラも

嫌いだし、僕が、そんな人間になったり、人生を送る気も毛頭ない。

長いものに巻かれた人生を送りたいとも思わない。

「君な、それが世の中の常識なんだよ!」

「相変わらず世の中を知らん甘ちゃんだなぁ~」

「やせ我慢は良くないよ!」

等と、したり顔で語る輩もいるが、僕は、そんな人間にもなりたくはない。

まっぴらごめんである。

世の中の常識や世間を知らない!

と言われても結構だ。


『後だしジャンケン』は、ズルくて卑怯!

『大阪ジャンケン、負けたら勝ちよ!』も全く理解はできない。

ジャンケンする必要性を感じないからだ!

真面目に真っ当なルールを変にこねくり回す必要もない。


BLUE HEARTSの詩が頭の中をリフレインする。


「少年の声は風に消されても、間違っちゃいない!」


間違っている人や事象には「間違っている!」と言える勇気、

嫌なものや、(間違っているから)協力したくないことには「NO」を突きつけて断ることが必要。

「王様はハダカじゃないか!」

と叫んだ少年がとった行動は正しい!


少なくとも、王様の耳はロバの耳の、髪切り職人よりも勇気があるだろう。

おかしいものは、いつの時代でもおかしいし、いつまでたってもおかしいし、未来永劫、変わることはない!

襲ってくる火の粉は、すべて叩き落として、潰していくしかない。

おかしいことに対しては「おかしい!」

間違ってることに対しては「間違っている!」

「ダメなこと」には、とことん、どこまでいっても「ダメだ!」を突き付けないといけない。

相手に分かって欲しいわけではない、今まで出会った腐った卑怯な奴らが変わることはなかった。

持っている言語が違うようだった。

絶対に自分の信念を譲ってはいけない! 

曲げるのもダメだ。 

悪に感化されるのも良くない。

自分の信じた正しいと思う道を大手を振ってまっすぐ胸を張って歩もうと思う。

これが、僕の『不惑の40代』なんだと思う。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。