Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆会食・・・TOP人生観 ≫ ☆会食・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆会食・・・

最近、以前赴任していた学校で親しくして頂いた先輩方と久しぶりに、また、

現在でもお世話になっている方々と食事をする機会が数度ありました。

昔から感じていましたが、教師は、本人が否定していても『小さなムラ社会の人間』です。

そして、一度、教室に入れば、王様や神様や独裁者以上の立場と教え子の上に君臨している

そんなイメージも正直ありました。

どんなに自分が頑なに拒んでも、どんなに否定しても、そうならないでおこう!と思っても、

いつの間にか変わっていることや他者からそういう風に見えてしまうことも多々あったようです。

終始、和やかな雰囲気とトークで会食しましたが、話の節々で、やはり、自分は世間知らずで、

無知なところが多々あるなぁ~。

と感じましたし、

自分の行動や発言を振り返り、反省し、出来る限り意識をしてこれからの態度や生活ぶりを

改善ないといけないよなぁ~。

ということも思いました。

学校に勤めていた時代は『 教師の常識 世の非常識 』などと揶揄される言葉も耳にしましたが、

教師を辞めた今でも身体に染み着いてしまっている悪癖・習慣などもあると思います。

デトックスではありませんが『解毒』して『浄化』しないとダメですね!

教師を辞めても教え子や保護者にとっては『恩師』であり『先生は先生』であり続けるんだけど、

それで、そのまま世間を渡り合っていけると思ったら大間違いな訳で、

そんなに世の中は甘くはないですからね・・・。

いろいろ痛い思いをしたり、頭を打ったりしても、それでもまだ気づかないこともあるでしょうが、

気を引き締め、襟を正して今後の生活や仕事に臨まないといけないですね!!


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013年12月02日(Mon) 13:10
コメント有り難うございます!
編集
以前、先輩の先生から、こんな話を聞きました。

「お偉いさんの父親が僕に頭を下げるんだ。その子どもを担任しているから!という理由で。」

とその先輩の先生の父親は、
「お前に頭を下げているのではない!学校に頭を下げているんだから勘違いするな!」とおっしゃられたそうです。

真理だと思います。

例えばですが、もしかしたら東京の学習院では天皇陛下や皇太子さまが、

学習院の先生方に頭を下げるかも知れませんし、そのほか、アイドルスターや大物俳優や女優、芸能人や芸人、有名スポーツ選手・長者番付の上位のお父様でもそうするでしょう、恐らく・・・。

それに自惚れてはいけません。でも、どうしても先生と言う職業はどうしても、鼻が高くなっていきますし、上から目線になりがちな仕事であったと思います。

「いや、お母様、学校の方針としましてではですね・・・」

「学校の規則として・・・」

「〇〇〇ということを重んじている学校なので・・・」

という『学校』という言葉を楯に話を全てねじ伏せていくようなところもありましたし「先生様は神様です」という風に肩で風を切って歩くことはありませんが、そんな部分もなかった!とは胸を張って言えません。

僕は教職から離れましたし、未練がないとは言えませんが、

現在の教師に逆風の吹きすさぶ中で、受難の時代ですから、

モンスターペアレント・給食費未払い・指導力をあげろ!・

学力低下を止めろ!

など・・・

教師の力だけでは、どうしようもならない無理難題が多くあるような気がします。

もちろん、給料泥棒的な無能な方々もいらっしゃるのも事実ですが、

もう少しリスペクトがあってもいいのではないかな?

と思います!
2013年12月04日(Wed) 06:55
肩で風を切ってください
編集
Eduさんは、教師をおやめになったそうですが、
今でもご自分で塾を開いて教えておられるわけですから、
教師と何ら変わることはないと思います。

あくまで個人的な意見ですが、
教師を含め人を教える方は肩で風を切って歩いていいと思っています。

人にものを教えることはそれほど神聖で大切なことだと思うからです。
人から尊敬されるような仕事は、
人から尊敬されてこそ成し得ると思うからです。

会社社会でも、部下の行動を1から10まで拘束しておきながら、
結果が上手くいかないと、
「お前、何をやってんだ!」なんて言う上司がいます。

会社員であっても何かを成し得るには、
それなりにリスペクトされていなければなりません。

どんな社会でも、
年齢や社会的地位、能力の優劣、お金のあるなしに関わらず
人を敬う心が大切だと思います。

Eduさんが今後も
いろんなところで影響力を発揮されることを期待しています。
2013年12月04日(Wed) 10:25












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。