Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆カミサンの風邪も、どうにかおさまり・・・TOP小学校教育 ≫ ☆カミサンの風邪も、どうにかおさまり・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆カミサンの風邪も、どうにかおさまり・・・

明日から、やっとEdu-Oneの授業が始まる。月曜日以来、授業をしていなかった。
授業がないと、どうにもならない。
とにかく、フラストレーションがたまってたまって仕方がない。
頭では分かってはいても、ダラダラとした日常を送ってしまう。
友人に
「お前は休みが多くていいな!」
と気軽に言われるのだが、小学校で教師をしていた時の夏休みや冬休みや春休みの時でも、
長期の休みは、僕にとっては、そんなに重要でなかった。
それよりも、学校に居る方が良かったし、家でゆっくりするのは、性に合わないから、
ほとんど学校に出ていた。
土・日が休みで(週5日制になって)も学校に行くことが多かった。
学校に行くことが全て良いことだ!
とは思わないが・・・
やはり教師に成り立ての新米の頃って、それぐらいじゃないと
いけないと思う(もちろん家でしっかり教材研究などをする若手の先生も稀には
居るのだろうが・・・)。
寝ても教師、覚めて教師、教師・教師・教師・・・みたいな感じで24時間、
教師について、教育について、子どもについて、学級について考えるような生活って、
新人教諭の頃(教師になって10年間ぐらい)は大切だと思うな。

さて、3日間、授業が出来なくて、この、たまりに、たまったフラストレーションを、
どこにぶつけるかというと・・・
単純に、何がしたいか?と言うと、やはり『授業』がしたいのだ。
フラストレーションは怒りではないから、子どもに良い授業を提示することで、
心のうさ晴らしをしようと思う。
とにかく『授業がしたい。』というモヤモヤは、やはり、授業をしないと
クリアーされない。教材研究だけでは解消されることはないし、他の事では、
全くもって代用がきかない。

教育界では、今年度から『新しい学習指導要領』に変わったというのに、
新しい教科書すら見てもいない(←これは自分が悪いのだが・・・)。
まぁ、僕自身がやっていたことに、新しい学習指導要領が、
どれだけ追いついているかどうか?
その部分だけは気になるところだが・・・。
最近、1年生の子どもを持っているお母さんに聞いたところによると、
もう6月だというのに、算数では足し算や引き算の指導にも入っていず、
あまりにもゆっくりでじれったく感じるのだそうだ。

手前味噌だが、答えが20前後の2つまたは3つの数の足し算なら、
うちの年中の娘でも100%正答できる。
足し算や引き算が教科書の後ろの方に移行したのかな?
いずれにせよ、そんな授業スピードで、増量した指導内容の全てを教えきることが
可能なのだろうか?
そして、幼稚園児でも分かることが堂々と1年生の履修内容として教科書に
載っているという、この矛盾。
まぁ、出来ない子どもも居るんだろうが・・・。
『脱ゆとり』は一体どこにいったのかなぁ?
幼稚園で1年生の内容が出来るようになっている子どもにとっては、
算数の授業が退屈で仕方ないだろうな・・・。
それとも、文科省が唱えた「全てを教えなくても良い!」が免罪符になるのかな?
こんな馬鹿げたことを宣言しちゃったら、バカで無能で意識の低い教師なんて
絶対にやる訳ないだろうな?それでも文科省がOKだと宣言しちゃったんだから
まともな保護者がハズレの担任にあたったらクレームのやり場に困るだろうな。
余計に塾に走る保護者が多くなるかな!
ついでにEdu-Oneも流行るといいけど・・・。

以前、中国の視察団が5年生の算数を参観して「日本にはもうきません!」
と申し伝えたそうだ。
なぜなら
「今日、見た授業は、中国の小学校2年生で既に教えている!」
という理由だったそうだ。
パソコンやインターネットの隆盛が世界の距離を縮めて、ワールドワイドに
優秀な人材が活躍する世の中になり、ボーダーレスな時代となった。
会社や企業、出身大学(←有名大学なら、まだ大丈夫かな?)の肩書きではなく、
個人のスキルや実力、仕事のキャリアがものを言う世界だ。
日本の10倍もの人口を誇る中国で就職できなかった大学生が、
大量に日本に職を求めにやってきて、日本の大学生を押しのける日が来るのも、
そんな遠くないことかもしれない。
現にパナソニックなどの我が国を代表するような企業の最近の就職では、
外国人の占める割合が少なくないらしい。
きっと、日本に、やってきた中国人は、英語も、日本語も、堪能で、
もちろん中国語も操れるから“母国なら並みでも、日本でならエリート”の学生”
じゃないかな?
僕は、自分の娘や息子の小学校時代は公立小学校に入れるつもりだが、
担任の先生には最大級の敬意を払った上で気を使った上で、
Edu-One算数パズル教室や僕独自の培ってきたメソッドで小学校の6年間は育てるつもりだ。
正直、教師を辞めた今、日本の小学校の現状や荒廃は僕の知ったことではないが・・・
Edu-Oneに僕を信じてやって来てくれる子ども達には、それに見合った教育を
責任を持って施したいと思っている。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。