Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆みんな、どうしてそんなに・・・TOP算数パズル教室 ≫ ☆みんな、どうしてそんなに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆みんな、どうしてそんなに・・・

最近、ふと、疑問に思ったことがあります。

新しい教室生の授業をしても、昨年度から通ってくれている教室生の指導を

振り返ってみても、常々、感じることなのですが。。。

「みんな、どうしてそんなに真面目なのかな?」

「みんな、どうしてそんなに一生懸命なのかな?」

「みんな、どうしてそんなに素直なのかな?」

「みんな、どうしてそんなに頑張り屋さんなのかな?」

「みんな、どうしてそんなに、長い間、座って学習(座学)できるのかな?」

子ども達の良いところばかりに目がいく疑問ばかりです。


どれだけの時間、取り組めば全問クリアー出来るのか?

は解りませんが、持ちネタ(課題の数)は、限られた数の教材しかないです。

ですから、その日の授業で取り組む問題の選択肢は、

発達段階や子どもの興味や関心や得手・不得手などを考慮して、

僕が決めて、子ども達に与えます。

ペーパーの教材で言えば、子ども達の選択基準は表紙のイラストのイメージぐらいでしょう(笑)

もちろん、僕も、無理強いはしません。


「飽きたり、しんどくなったり、面白くなかったりしたら、止めてもいいです!」

「面白い! ハマった! というなら、どんどん先に行き続けることもOKです!」

「ただ、(課題を)とっかえひっかえして、無駄な時間を過ごすのだけはやめましょうね!」

というような『ユルいルール』はありますが、みなさん、休憩なしで学習し続けます。


彼ら彼女らを駆り立てる要因や原因の正体が、いったいナニモノなのか?

それは、いまだ、僕自身もよく分かっていません。。。


『学習塾』とも『進学塾』とも違った『教室』というスタンス。


狭い空間の中で、ただただ2時間、指や鉛筆や消しゴムや頭を動かして、

あ~でもない、こ~でもない、こっちかなぁ~?、あっちかなぁ~?

どっちやねん? なかなか出来ないなぁ~、あ~、コレちゃうか?

答えがあるのかな?、難しいなぁ~、簡単かんたん!

できたぁ~!、やったぁ~! 次いくで!

などと、言い(心で思い)ながら、

『頭を使っている教室生が存在している!』

ということだけは紛れもない事実です。


『真面目』・『一生懸命』・『素直』・『頑張り屋』・『座学』・・・


答えを出すまで真剣に頑張っている子ども達の姿を見ているだけで

僕は幸せや幸福を感じますから、

『どうしてこんなに・・・』の謎解きは、一先ず、置いといて・・・

楽しく心地よい空間に月曜日からも身を委ねたいと思います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

編集
見たことも聞いたことも、デパートにもおもちゃ屋にも売ってないゲームで遊べるとなれば、一時間二時間座って問題を解いていることなんかいくらでも我慢できる! と、小さいころのわたしだったら思うでしょうね(^^)

というか子供も大人も遊べる知的なゲームの選択肢が、今の日本では昔以上に狭くなっているのではないかと思います。金のあるやつにかなわないようにできているTCG、変わり映えのないデパートのボードゲームコーナー、作り込みすぎてついていけないようなビデオゲーム……。

もうちょっとなんとかしないと、日本はほんとうにゲーム後進国になりかねない、と危機感を抱いております。いまだにトランプといったらババ抜き七並べ大貧民という世界だからなあ……。
2014年04月15日(Tue) 15:48
トランプといったらババ抜き七並べ大貧民・・・
編集
僕はコンピュータゲームよりも、そっちの方が好きな人間ですけどね(笑)

たしかにポールさんが危惧を抱いていることと同様のことを

思わずにはいられません。

ボードゲームやカードゲームが万能とは言いませんが、僕の教室では

いいアクセントとなって機能しているような気はしています。

現在、最高学年が3年生ですので、教室生の子ども達による

ボードゲーム選手権(←大袈裟ですが)みたいなの開こうかと

計画中です。

『ブロックス』と『トライゴン』を2つずつ置いていますから、

先ずは、記念すべき第一歩を、夏休みあたりに計画しようと

思っています。

『ラミーキューブ』や『Dixit』もいいかと思ったり・・・

何か新しいことにチャレンジしてみようかと考えています。

いつもありがとうございます!


2014年04月15日(Tue) 23:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。