Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 『ドラコの山分け』TOPボードゲーム・カードゲーム ≫ 『ドラコの山分け』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

『ドラコの山分け』

ガーデンゲームズから初めてとなるカードゲーム・・・

『ドラコの山分け』です。
CIMG1529_convert_20140428221622.jpg
かなりインパクトのあるボックスのイラスト、カードのデザインも、

なかなかオシャレで、ゲームデザイナーの樫尾忠英氏の渾身の作品です。

この『ドラコの山分け』は、東京で行われるゲームマーケット2014春に

出展されるそうです!

親しくさせていただいている樫尾氏に一緒にPLAYする機会を設けてもらいましたので、

そのお礼と言ってはなんですが、簡単ですがゲームの紹介や感想を書かせて頂きます。

このゲームに関しては、個人的に『人間の欲』と『ジレンマ』という
CIMG9013_convert_20140428220440.jpg
2つのポイントを十二分に刺激してくるPLAY感を持ちました。

「ドクロのカード(呪われしカード)が出ないように出ないように…」

と祈るような気持ちで船長(キャプテン)となったプレイヤーは

山札から『財宝カード』を1枚ずつめくっていきます。

カードをオープンにする緊張感やスリルもあり、人間の心の欲深さを

くすぐってきます。

止めとけば良いのに、ついつい、「もう1枚、もう一丁だけ!!」
CIMG1530_convert_20140428221919.jpg
と僕は欲張ってしまいがちですが、『呪われしカード』をめくってしまえば

1枚につき『マイナス2点』です。

それだけでなく、『刀剣カードを2枚選べる』船長の持つ特典が無効となります。

財宝カードがめくり終わると、刀剣カードを選択し、剣の数の多さで

選択順が決まり、財宝カードをチョイスすることになります。
CIMG1531_convert_20140428233415.jpg
先に取りたいカードがあれば剣のイラストが多いカードを出すのですが、

全部のカードを使うまでリセットできないジレンマが、ここで先ず発生します。

「行くのか?」「行かないのか?」

どうする?

選択順が決まれば、他のプレイヤーの集めて(欲しがって)いるカードを鑑み、

また、自分が取るべき(欲しい)カードを選択順に従い決定していきます。

財宝カード(黄・緑・青・紫)の4色のうち、任意で選んだ2色のカードの

数値はプラスの得点となりますが、それ以外の色のカードは全て

マイナス得点となりますから、この選択こそがまさに『山分け』なのです。

ただ『山分け』と言っても仲良しこよしの『ヤ・マ・ワ・ケ』ではなく、

他のプレイヤーと駆け引きをしつつジレンマにまみれながら、

頭を悩ます時間となります。
CIMG1611_convert_20140428234837.jpg
「Aさんは緑と青を集めているから緑は美味しいなぁ~」

「僕は青を集めているけど、ちょっとショボイな! これ!」

「今から黄色も悪くはないかな?」

「青の5は3枚もあるのに、まだ出てきていないなぁ~」

等とブツブツブツブツ・・・

このジレンマに苛まれる時間が僕には堪らなく心地良いのです。

また、全部で31枚ある4色の財宝カードも紫のカードは1枚だけで10点、

他の3色は各10枚ずつですが、数字によって多い少ないがあり、

そのバランスが絶妙で、数多くのテストプレイを重ねられたのではないか?
CIMG1608_convert_20140428234406.jpg
と容易に想像できます。

また、数学的にも考えさせられますので、高学年ぐらいの子ども達にも

プレイさせてみたいと思っています。

ジレンマに苛まれる時間は結構、長く感じますが、プレイ時間は15~20分ほどです。

カードの運にも左右されつつ、短時間で悩ましげなゲームを作り上げた

樫尾忠英氏のデザイナーとしてのセンスの良さに脱帽です!

ジレンマ好きにはたまらないゲームだと思います!


ゲームのルールやその他、詳しい内容につきましては樫尾氏の運営するBLOGサイト

ガーデンゲームズ ボードゲーム工房

ボードゲームランド

からご確認ください。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。