Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆今年度も半分以上が経過しました。。。TOP教室長として ≫ ☆今年度も半分以上が経過しました。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆今年度も半分以上が経過しました。。。

今年度の開始前後から入会した子ども達も『算数パズル』や『教室のやり方』や

『僕の指導方法』に、かなり慣れてきた手ごたえや感触があります。

幼稚園の終わりのころから入会してくださった子ども達の中には、

勉強的な習い事を、この『Edu-One算数パズル教室』から始めた方もいます。

先日、あるお母様から、

「息子は、学校の算数の勉強からではなく、

 パズルから数学的な知識を取り入れたのが最初でした。

 学校の算数でもなく、詰め込みでの勉強でもなく、

 パズル教室を始めて、初めて思考に通じる学びに出逢えて

 ほんとにラッキーでした。」

というお便りを頂きました。

とてもありがたいと思っています。

小学校教諭をやっていたときにも感じたことですが、学習は学年が上がるごとに、

暗記のウェイトが高くなるように感じていました。

世界各国のことは知りませんが、日本の教育システムが、

そのような形になっているような気もしますから、仕方のないところでは

あると思います。

では、『いつ、考えることや思考に重きを置いて学習するのか?』

ということになりますが、個人的には幼稚園~小学生の間が

時間的にも学習内容で考えてみても良いのではないかと言う結論です。

教室には幼稚園児や低・中学年の児童が多いですので、

算数パズルや操作系のパズルを中心に、『操作をすること』や

『思考すること』や『じっくり考えること』を大切にした指導を

今後も続けていきたいと思っています。

目先のことだけじゃなく、教室に通ってくれている子ども達の未来を見通して、

長期的なビジョン立て、将来の明るく健やかな成長像や考えることを中心とした

学力の伸びや学習の習慣が身につくことをを信じて

指導していきたいと思います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。