Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆最近、思うこと ⑥TOP独り言 ≫ ☆最近、思うこと ⑥

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆最近、思うこと ⑥

さて、パズルではありませんが・・・

下の文字式の答えを数字で答えられるように考えてみましょう。

【問題】 A+J+Q-K= 

お気づきの方もたくさんおられると思いますが、

トランプ』なんですよね。。。

A → エース ⇒ 『1』

J → ジャック ⇒ 『11』

Q → クィーン ⇒ 『12』

K → キング ⇒ 『13』

教室では『トランプ』も子ども達の学習後のゲームに使うこともあります。

でも、やってみて分かったことですが、トランプのカードに表記されている、

A・J・Q・Kの表す数字や意味を知らない子は多いです。

「先生、『ジョーカー』って何?」

と質問されることもあります。

すごろくのようなゲームでも、サイコロを振ってからのコマの進め方を

教室で初めて知る子も少なくないです。

「やっぱ、時代だなぁ~」

と感じることことも多々あります。

まぁ、学習だけでなく、そんな部分も学んでいかせるのも、

いいもんかなぁ~

と思います。

僕が小学校の時代は『ファミリー・コンピュータ』は、まだまだ、

それほど普及していませんでしたから、経済的な側面もありましたが、

家での娯楽と言えば・・・

『トランプ』か『人生ゲーム』、『オセロ』、『将棋』、あとは『花札』や『野球盤』

ぐらいでした。

中学生の頃ぐらいでしょうか?

『ファミコン』が爆発的に普及したのは。。。

学生の頃には、『ファミコン』や『プレステ』なども一通りやりましたが、

社会人になってからはやることは全くなくなりました。

タバコが苦手なのでマージャンやパチンコにはハマりませんでしたし、

競馬などのギャンブルにも面白味も関心も持ちませんでした。

でも、結婚して子どもが誕生し、成長し、3・4歳ごろから、

外で遊ぶことももちろんですが、暑すぎる日や寒い日、雨の日や夜は

ボードゲームやカードゲームで一緒に遊び始めました。

その時分に子に頭を使わせたり、作戦や戦略を考えさせたり、

論理的な思考力を養うクセづけやコミュニケーション力・判断力などを

身につけさせるには、かなり有効なツールであることを痛感しました。

パズルライクなゲームもありますし、操作を伴うゲームもあります。

知れば知るほど奥の深さや歴史も感じましたし、ヨーロッパなどでは、

街角でやカフェで知人や友人と交流する風景も垣間見られるそうで、

文化や家族で楽しむ娯楽になっていることもあるそうです。

数学学者が作成しているゲームもあり、計算や確率論や推理判断、人の話を

聞くことと自分で考えることが重要になり、知性や知的さも感じることも良くあります。

また、コンピュータ・ゲームで遊んでばかりのような子には育てたくなかったし、

コンピュータゲームに子育てを丸投げする親にはなりたくなかったこともあります。

親であり、大人でありながら、運も味方にしながら、知恵比べをして遊ぶことも、

運に左右されないゲームでガチに勝負することも、とても面白いのです。

恥ずかしながら『ラミーキューブ』で娘に勝つことは、なかなか難しいですし、

暗記ゲームでは家族でカミサンに勝つ者はいません。

『三つ子の魂い・・・』ではありませんが、自分の幼少の頃の経験もありましたし、

家族で楽しむことや考えたり、子どもと真剣勝負で競い合ったりすることが面白くて、

ボードゲームやカードゲームにハマってしまった感もあり、

教室にも導入したという経緯です。

教育の現場にも取り入れている小・中学校も存在しますし、震災以来、にわかに脚光を

浴び、大きなおもちゃ売り場などでは、ボードゲームのコーナーも作られています。

モノによっては世界大会が開催されるようなゲームもいくつかあります。

コンピュータ・ゲーム全盛の世の流れに逆らっている『アナログ感』は気にはなるところですが、

学校の違う知らない友達でも、年の差のある子ども達でも、恋人同士でも親子でも

老若男女楽しめる・・・

そういえば、教室にフランス人の親子が遊びに来たこともありましたから、国籍・人種を超えて

楽しい時間を共有できる・・・

ある意味、こんな経験や体験ができるのも、Edu-One算数パズル教室ならではで、

自分らしさもあって良いのかな!?

と個人的に思っています。


【問題の答え】

11』です。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。