Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆最近、思うこと ⑤TOP算数パズル教室 ≫ ☆最近、思うこと ⑤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆最近、思うこと ⑤

計算やぁ~、計算ヤァ~、いやぁ~、計算、嫌ぁ~

最近、算数パズルの指導において、つくづく『計算力』の重要性を感じます。

計算系のパズルが敬遠されがちなのは、主に、計算に対する自信がなかったり、

計算が苦手、面倒くさかったり・・・という理由からのようです。

計算力をつける方法はいろいろと存在すると思うのですが、

僕なりの結論としては、単純な答えですが、『トレーニングが必要!』ということです。

持ち前の計算のセンスなども関係するかな?

とは思います。

でも、当たり前の事なんですが、最初からセンスを持っている子なんて、

そうそういません、いや、おそらくいないでしょう。

また、現在、教室に通っている子ども達は最高学年でも小学校4年生なので、

『計算力』といっても、高次で複雑な計算を要求しているわけではありません。

ごくごく、基礎的な単純計算をケアレスミスなく正確に、素早く正答する計算力を

身につけておくことの必要性を痛感しています。

では、その『トレーニング』を、いつ、どこでやるのか?ということです。

保護者や子どもに「学校でやっているのかな?」

と質問してみると、どうやら、あまり(全く?)指導されていないようです。

計算の仕組みややり方は教えてもらったけど、トレーニング的なことはやっていない。

という現状らしいです。

教室で、計算系のパズルの指導は出来ますし、計算練習に時間を割くことも、

できないわけではないです。

でも、計算系のパズルをやって、計算の仕組みややり方が解っていれば、

それでOK!

肝心の計算力がつくかと言うと、答えは『NO!』だと思います。

それだけでは、現実問題、なかなか難しいです・・・。

おそらく塾などでも同じだと思いますが、学校よりも限られた時間の中で、

子ども達に計算力を身につけさせるのは、正直、難しく、時間的にも厳しいものがあります。

いつやるの?

「いまでしょ!」

どこでやるの?

と言うと・・・

頭に浮かぶ答えは3つでした。

1つは子どもの成長を待つこと!

子どもの成長に期待をするのは当然ですし、

ある程度、年齢が上がるに従って計算力はつくでしょうが、

「鉄は熱いうちに打て!」とも言いますし、鍛える時期や期間、タイミング

というものがあります。

ですから、さすがにナンセンスな選択肢と言えるでしょう。

2つめは、子どもの自発的な学習の取り組みに期待すること!

いえいえ、そんな奇特な子どもは滅多にいません。

それに、子ども自身、何をどうすればいいのか?

全くわからないでしょうしね。。。

現状では、これしかない!

というのが3つめの選択肢、家庭で取り組むということです。

学校でも塾でもトレーニングをやってくれない(できない)のなら『家庭でやるしかない!』

これが僕の答えです。

と言っても、家庭や保護者に丸投げすることは、性格上も、立ち場上も、有り得ないですし、

個人的に好きではないので、僕の教室では保護者と相談の上、

教師時代に作成した自作プリントを提供させて頂いています。

「僕のやり方を信じてください」と言うよりは、

「騙されたと思って一度やってみてください!!」という感じなのですが、

教室に通ってくださる子ども達のお母様方の数人から、

「目に見えて計算力が向上したように思えます。」

「計算が凄く速くなりました。」

「(競争すると)親が負けてしまいます。」などのメッセージを頂きました。

教師時代の僕の遺産が役立っているのは嬉しことですが、

僕のプリントの出来うんぬんより、子ども達とご家庭が真摯な姿勢で

取り組んでくださった結果です。

計算が正確に速くできる子ども達が計算系のパズルを敬遠する傾向はありません。

というより、計算系のペーパーパズルを自主的に希望してやりたがります。

もちろん、僕も、その子ども達を試して伸びを実感してみたい気持ちがあります。

きっと、それらの子ども達が身につけたのは、『計算力』だけでなく、

『算数に対する自信』・『努力の必要性』・『継続することの大切さ』・『集中力』

そして、なにより『満足感』や『達成感』や『自己肯定感』ではないかと思っています。

頑張って身につけた計算力という武器をもって、

今後は、もっと難易度の高い計算パズルと格闘してもらって、

『思考力』や『論理的に考える力』を磨いていかせたいと思っています。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。