Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆幼いときの自分・・・TOP昔話 ≫ ☆幼いときの自分・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆幼いときの自分・・・

僕の幼いときの様子について質問をいただきましたので、
昔を思い出せる範囲で書いてみたいと思います。
小学校時代の僕は、とにかく挙手をして、
よく意見を発表する子どもでした。

授業が意見交換や意見を戦わせる場になることが、
とても楽しみでした。

授業でも学級会でも、とにかく意見を言いまくっていたし、
先生の質問には片っ端から手を挙げていき、
自分の意見を発表することを1番に考える小学生時代でした。

振り返ってみれば、僕の周りの友達も、そんな感覚を持った子が
多かったように感じます。

とにかく、ノートをとることよりも
『自分の意見を述べることが賢いことだ。』
と頑なに信じて疑わなかったです。

ノートをとればとったで、時間をかけて、こだわってまとめるのが
自分自身で分かっていましたから、
『ノートをまとめること』と『意見を発表すること』を比較して、
どちらが自分にあっているかを考えていました。

比較した結果、意見を発表するほうが面白いと思っていたので、
「先生、僕、ノートをとらないでもいいでしょ?
ノートをとる時間がもったいないし、先生の質問の答えを考える時間が
足りなくなるし、先生の質問にはすべて答えてあげるから!」
と生意気なことを先生に意見したこともありました。

生意気ではありましたが、意見を発表する子どもとして、
その存在は、先生にとっては、ありがたかったのではないでしょうか?

意見が出なくて、お通夜みたいな授業になったり、
レクチャーばかりになったりするのは、授業をしている教師としては、
あまり気分の良いものではないですからね。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。