Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ ☆居心地の良い空間 【1】 ~初の専門学校へ~TOPホームページ ≫ ☆居心地の良い空間 【1】 ~初の専門学校へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆居心地の良い空間 【1】 ~初の専門学校へ~

友達の薦めで、最初は渋々で入ったパソコンの専門学校。

正直、初日や2日目は、滅茶苦茶、しんどかったです。

ずっと分からないパソコンのスキルばかりを延々と3時間×2、

自己紹介などはあったものの、固いイスに座って、黙って先生の話を聞いて、

キーボードをたたくだけでした。

たとえは悪いですが『勉強嫌いの子どもの授業中の心理や忍耐力』が

よく解りました。

また、今までとは、物凄く大きく変わったこととして・・・

教える自分→教えられる子どもの図式が、

教える先生→教えられる自分!へと、180度、ガラリと

変わったんですから無理もありません。

そして、パソコン音痴の僕はコンピューターとの会話も

できなかったので、

「また、どうせ、無人島で独りぼっちかぁ~」

と嫌な過去の体験や思い出したくもないような経験が脳裏に浮かび上がります。

何日目でしたかねぇ? もう忘れましたが・・・

カミサンにも「辞めたいわぁ~」と愚痴をこぼしながら、半ば諦めかけていた頃に、

「もしかしたら?」と思わせるヒトが教室にいるのを見つけたんです。

今、思えば、全然知らない人ですし、最初は怖かったですね。

というのも、基本的に僕は人づき合いは苦手だし、人見知りも激しく、

会話の引き出しも、そんなにたくさん持っていないです。

また、「どうせ、言葉を発しても通じなくて、僕の方が、

この場所(教室)を去っていくハメになるんだろうなぁ~」

って思っていたからです。

でも、勇気を出して、恐る恐る近づいてみて、思い切って話しかけてみたら、

な・な・なんと! ビックリですよ!!

言葉や意見や意思がキチンと通じたんですよ。

やっぱり、やる前から諦めるのは良くないし、取り敢えずヤルって大切ですね。

それでも「まぁ、年齢が僕の方がだいぶ上だから、気を遣ってくれただけなのかな?」

と、最初は半信半疑でしたが、取り敢えず、信じることにしました。


そこから、4・5日も経ったら、帰り道が大阪駅付近までは同じなんで、毎日、一緒に

帰るようになっていました。

また、驚いたことに、この教室では、

朝も帰りもキチンと皆さん、挨拶してくれるんですよね。

しかも大きな声でかわしてくれます!

自分が小学生の教師として受け持った教室以外で、そんな教室が存在して、

その場に自分がいること自体が『夢』みたいでしたね。

カミサンに話をすると、カミサンは、自分のことのように、すごく喜んでくれました。


こうなると、かつては、(と、自分が言うのもナンですが)保育園や幼稚園で『登園拒否』、

小学校では『学校に居たくない病』を患っていた、この僕でも、パソコン専門学校の教室に

“自分から進んで、毎日、行きたくなる”のは必然でした。

なんといっても、このパソコンの教室にやってくると、

いろんな楽しいことがありそうで、何か幸せなことが起こりそうな気がしたんです!

まともに会話が出来て、意見交換や世間話もできるんです。

しばかれることも、ハメられることも、陰口を言われることも、騙されることもないし、

シカトも、イジメも、お説教も、ハラスメントなんて受ける怖さなんて

全く考えなくていい毎日!

なんて素敵で素晴らしいんだろう!

夢なら覚めないで、ずっと、このまま続いて欲しいな!

と思っていました。


「お前、何をバカなことを言ってんだよ!」と笑う人も居るとは思いますけどね。

僕が経験してきた現実は現実ですから・・・

もちろん、教師時代に子どもと一緒に作り上げていった想い出深い学級は数々ありますけど、

僕にとっては、大げさでなく、自分が中心となって作り上げた訳ではない、

たまたま入ってみた『キセキの教室の日々の成熟』に、

その教室の一員として所属していたのは超ラッキーでした。

ついに、『家』と『パズル教室』以外で、居心地の良い空間や自分の居場所を見つけたぜ!

ホンマにもう「やった~!」って感じでしたね。





にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

編集
先日は、コメントをどうもありがとうございました。

パソコンなんてただの道具。結局は人間同士のコミュニケーションツールなんですよね~。そこを勘違いしちゃいけないと思うんです。パソコンの向こうには生身の人間がいる訳ですから…。
居心地の良い空間は、精神的にも楽になって本当に良いですよね。とか書きつつ、私にとっては、家以外にはどこかあるかな?と考えてしまいました…。
2011年12月28日(Wed) 05:40
編集
かばのおとうさん様へ

まだ校正中だったのに、コメントが入っていてビックリしました。

いろんなストレスから解放される場所・・・

癒しを与えてくれる人・・・

そんな場所や仲間が必要ですよね!

職場が楽しい場所なら、それで良いんですけど・・・

仲の良い友達が良くこう言います!

「世渡りなど下手くそなんだよな、お前は・・・」

「解りにくい(=誤解されやすい)」

「わがままとは思わないけど、頑固で、自分の意志を貫きすぎ」

「良いヤツだけど、そこまで理解するには時間がかかるわ」

「長いものには巻かれろ! 妥協しろ! って、何回、言っても

 聞けへんよな」

「異質なタイプやわ!」

「長く付き合えば味や美味しさが出てくるけど、最初、口に入れて、

 固いのや、辛いの苦手な人に、味が出る前に捨てられる

 スルメみたいなヤツ」

でも、カミサンとは、すぐ結婚できたんですけどね(笑)



2011年12月28日(Wed) 06:14
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011年12月28日(Wed) 11:48
編集
学校なんて所詮自分で選べるのは高校からですね
けど親によっては(ry
中学の時いじめられていた女の子が通信通ったらいきなりはじけて帰ってきた、理由を聞くと違う世代同士が居て楽しいとか

ある漫画でこんな台詞がありました
学校なんて所詮年が同じだけの連中を無理やり詰め込んだ場所だろと
その漫画もあまり見てないので今度じっくり見ようと思います
2011年12月28日(Wed) 23:21
編集
私が最近始めたバイトも
最初は人見知りの私としては
馴染めるのかとか仲良くやっていけるかとか
凄い心配でした

案の定
名前で呼び合うフレンドリーな職場で
みんな積極的に声をかけてきてくれたので
3日目でもうすっかり馴染んでしまいましたw

知らない人とあまり接触したくなくて
飲食店でもキッチンという中の仕事を
選んでやってきたんですが
お好み焼きを焼きながら
お客さんと世間話をしていた同年代の人を見て
自分もやりたいなぁと思えました

私もいい場所を見つけた気がします(`・ω・´)
2011年12月29日(Thu) 00:59
そんな感覚です
編集
××さんへ

違う世代同士の男女が、同じ空間に居るのって、結構、楽しいモンなんだな!

って思いました。

職場も同じはずなんですけど・・・

いろんな因果関係や人間関係が渦巻いてる空間じゃないからでしょう。

自分は小学校の時からサッカーをやってたので、中学・高校・大学と

体育会系のクラブに入っていましたが、日本独特なんですかね?

上下関係や縦社会は、あんまり好きにはなれなかったですね・・・。

もちろん、良いところも、たくさんあるんですけど・・・。

「最近の若者は・・・」

いつも使い回しされるセリフですけど、どうしてどうして、今回、出逢った

みなさん、かなりしっかりしてる人、多いやん!

って言う印象がありましたね。

まぁ、ほとんどタメ口でしたけど、僕としては、そっちの方が良かったし、

年下の子によくイジラレましたが、毎日、面白かったです。
2011年12月29日(Thu) 01:07
編集
三色仔猫さまへ

いいお話を聞かせて頂いて、ありがとうございます。

僕は、人見知りが激しいくて、人づきあいが苦手です。

「この人は僕を理解してくれる」って確信がないと積極的に

なれないから、友達とか仲間を作るのに、かなり時間がかかります。

そして、そのうち、「自分の居場所、ないやん!?」みたいになるんです。

そのくせ、そういう部分は積極的でなく、いつも受動的なんで、

遠足でご飯を一緒に食べる仲良しがいないとか、

2人ずつ乗るバスの僕の横には誰もいないとか・・・

結構、寂しい経験を送ってきました。

でも、今、空き時間を利用して通っているパソコンの教室は、

周りの若いメンバーにサポートしてもらいながら、自分の居場所が

あるんですよ。

パソコン(ホームページを作る)スキルは全く向上しないけど、

色んな人たちが声をかけてくれて、話もできて、毎日まいにちが、

ものすごく楽しいです!
2011年12月29日(Thu) 01:55
編集
Edu-Oneさんも過去には色々ご苦労があったのですね。
私は初対面の人とすぐに親しく接することは得意で、色んな人と話すのもとても好きですが、
人と関係を続けていくことが下手で、長い友情を結ぶことには少し難しさを感じています。
なので、やっぱり人付き合いは苦手です。

Edu-Oneさんは愛する奥様とすぐに結婚出来て今もラブラブで(今年の目標を読んでそう思いました^^)、羨ましい限りですね!!

私も心から信頼し合える人を見つけられるよう、今年は張り切ってがんばりまーす♪
素敵なお話をありがとうございました^^
2012年01月05日(Thu) 22:34
ガキの時から人見知りをする子でしたから・・・
編集
友達のお母さんとかには、話もできて、礼儀正しくて・・・

とか、よく褒めてもらっていたのですが・・・

『アラカネという人間を理解するのには時間がかかる』と

数少ない親友達から、よく言われます。

『アラカネの味が解るのは、なかなか難しい!』とかね・・・

だけど『一度、味を覚えたらヤミツキだそうです』が(笑)

カミサンはヤミツキなのかは判りませんが・・・

また、九州生まれの人間が関西の、しかもコテコテの大阪市内に住んでいるため、

地域性の違いや風土特有の思想的な相違などもあるかもしれないですね。

それにしても、ここ4~5年の苦労は想定外でハンパなかったです。

カミサンが「別れましょう」って言わなかったことが、ホンマに奇跡に

近い感覚です。

hitomiさんの信頼し合える人を見つけられるよう・・・

ってのは、事実上の婚活宣言&結婚宣言ですか?

ってか・・・

独身さんでしたっけ?

あんまり、そんな話はしたことがなかったですねぇ!
2012年01月05日(Thu) 22:51
編集
きっと奥様はEdu-Oneさんにやみつきなのでしょう♪
だから別れましょうってことにならなかったのですよ^^

Edu-Oneさん、九州出身でらっしゃるんですね!
私は福岡育ちで大阪に住んだことがありますが、色んな違いに戸惑ったり、楽しんだりしました♪大阪のノリは好きでした☆

婚活というか…まず出会い自体を作らないとと思っています(笑)
彼氏くらいは欲しいかなぁと思っている独身です^^
幸運を祈ってて下さい☆(笑)
2012年01月08日(Sun) 00:45
hiromiさんへ 
編集
いえいえ、恥ずかしながら、やみつきなのは僕の方です!

僕は、九州の大分県別府市の出身です!

ひなびた温泉の町です。

福岡には住んだことはないですが、何度か遊びに行ったことがあります。

なんとなく大阪に相通じるところがあるような・・・

街に活気やパワーがありますよね!

僕は、カミサンにたまたま、焼き鳥屋さんで知り合ったんですけど・・・

出会いってなかなかありそうでないもんですしね・・・

ご友人の紹介とか、合コンとか・・・

それぐらいしか思いつかないです。

でも、現在のカミサンと付き合ってましたが、祖母が無理やり相手を探してきて、

政略見合い(?)を実家で2回ほどさせられたことがありますが・・・

お見合いは結構、面白かったです。

先方さんが僕を気に入ってくれたので、悪いことをしてしまったなぁ~

と反省していますが・・・

好きな人でも十分ですが、つき合っている人や結婚して夫婦になると、

生活に充実感があってよいと思いますよ。

それと、僕の場合は、付き合って1年もしないうちに結婚したのですが、

結婚してからも、カミサンの“良いところばかり”が見える加点法、

長く付き合ってから結婚しちゃうと相手の“悪いところばかり”を

感じてしまう減点法になってしまうから、勢いやタイミングを

大切にされたらいいのではないかと思います。

取り敢えず、すぐに結婚したカミサンが悪い子じゃなかったので、

加点法になっているとも言えますが・・・
2012年01月08日(Sun) 01:07
編集
へぇぇぇ!勉強になります!!
早く結婚した方が、相手の良い面に目が向くのですね!
長く付き合ってからの方が良いのかと思っていました☆

焼鳥屋さんでEdu-Oneさんが声をかけられたのですか?
一目惚れですか?
私は好みが割とはっきりしているので迷うことは無いと思うんですけど(笑)
偉そうにより好みしちゃったりして多分夢を見すぎてますね^^;

Edu-Oneさん幸せいっぱいですね!
結婚のおかげで生活に充実感があるなんて、
奥様もお子様たちも幸せですよね^^♪

福岡は大阪と通じるものあります!
お祭り好きというか、ノリが良いですね♪
別府はかなり好きな町です。
今中国人韓国人が街中にわんさかいますよね。びっくりする位に。
2012年01月08日(Sun) 19:16
僕の個人的な考え方ですけどね・・・
編集
早く結婚したら良いですよ!って意味ではないですよ。

僕は、付き合って1年もたたないうちに結婚したんですけど、

相手(カミサン)に対して、今でも、すごく

「この人と結婚できて良かった!」って女性なんで・・・

僕にはもったいないですね!

今は結婚して6年目になりますが、

0って訳ではないですが、悪いところは、ほとんど見えなく、

今でも良い面ばかりが見えるので加点することばかりなんです!

カミサンに対する採点ばかりしている訳ではないですけど、

ただ、もし、早く結婚して、カミサンに悪いところばかり目立つようだったら

地獄だったかもしれません。

早く結婚するのは、長く付き合ってからの結婚よりも、

リスクが伴うのは事実でしょうね。

長く付き合ってから、相手のことが分かってからの結婚も、

いいとは思うんですけど・・・

付き合っているときには見えないことが、一緒に暮らすと

見えるってことも多くあるようです。

もちろん、それが良いことの場合もありますが・・・

大概は悪いところが見えるのがフツーかと・・・。

だから、外国の人は結婚する前に同棲をして、相手を見定める

とか、聞いたことがあります。

あと『長すぎた春(何年も付き合いすぎる)』は、良くないと思います。

ずるずるずるずるして、結局、損する(破局)のは女性の場合が

多いようですね。

人それぞれ、恋人同士それぞれだとは思いますが・・・

幸いにして僕は、ことカミサン&結婚に関しては、

感謝することばかりです。

焼鳥屋さんでEdu-Oneさんが声をかけたのは、たまたまですが・・・

それから、仲良くなって、結婚できました。

めっちゃ、ラッキーだったと思います。
2012年01月09日(Mon) 00:47
hiromiさんへ
編集
僕は晩婚(37歳)でしたので、より好みできる立場ではなかったのですが・・・

大げさですけど、結婚式のカミサンは、ホンマに芸能人やアイドル級でした!

旦那が言うのもなんですが、並んでいるだけでもドキドキしましたから。

よくもまぁ、僕なんかと結婚してくれる気になったなぁ~

って本気で思ってました!

2012年01月10日(Tue) 00:08
hiromiさんへ
編集
福岡と大阪は野球で言えば、ソフトバンクホークスと

タイガース(正確には兵庫県ですが)もなんとなくファンのカラーが

似ているような・・・

あと、人情があって、東京などのように地方の寄せ集めではなく、

生粋のナニワっ子・博多っ子みたいな感じですから、

人と人との連帯感があるような気がします。

大阪のJRの環状線や私鉄に乗ると、親戚の親戚ぐらいは、

必ず同乗している感じです。

また、言葉にも人情がありますよね。

お祭り好きだし、ノリもいいし・・・

でも、いまだに大阪になれないところは正直、

たくさんありますよ。

一方、別府は、意外に他の地域や都道府県の人が訪れたら、

ビックリするような街だそうです。

特に、みんなに言われたのが、温泉の煙と硫黄の臭い、

公衆浴場の安さ。

それから大分県になりますが、関サバ関アジ・城下ガレイ。

焼酎、とり天、そして“隠れた”フグ料理のおいしい街です。

僕は知らなかったのですが、フツーにフグのキモが出てきます。

他の都道府県では、やってはいけないことらしいのですが・・・

別府には立命館大学に関係するアジア太平洋大学(APU)があり、

そこの学生は半分が外国人ですので、中国人や韓国人だけでなく、

白人や黒人などもわんさかいますよ。

外国人をバイトに雇う店も多いです。
2012年01月10日(Tue) 00:21
編集
もう~ノロケまくりですねぇ^^♪
ごちそうさまです♪♪♪
そういう幸せな関係を持てるよう目指しま~す☆

APUの宣伝番組が放送されてたので(1時間半くらい?の番組)、
去年秋頃観ましたけど、とても国際的な環境で勉強出来る素晴らしい大学だと思いました!あんな大学に行きたかったです☆

大分は、まぐろのづけ丼や、ごまだしうどんが最高ですね!!
しいたけを使った雪ん子寿司も、可愛くて珍しくて美味しいです☆
イベントで大分県の名産品の売り子をした時に知りました♪

別府ではタクシーの駅前の運転手さんが、別府を誇りに思っていて、
凄く優しく素敵な方だったので、お話しているだけで別府が好きになりました。
その方が連れて行ってくれた、駅近くの掘りごたつのお店のとり天もとても美味しかったです!

あ~また別府を歩きに行きたくなりました☆(笑)
2012年01月10日(Tue) 23:40
帰省した時にでもタイミングがあえば・・・
編集
別府&大分を案内しますよ~

もう、大分を離れて20年以上にもなりますが、

やっと、だいぶ変わってきたかな?

と思います。

でも、別府はあんまり変わってません。

湯布院みたいに、一大観光地化して欲しい訳ではないですが、

故郷が、どんどん衰退していくのは見ていられませんからね!


2012年01月11日(Wed) 01:20
今でもカミサンと一緒に買い物などするのは・・・
編集
好きですね!

もう30才は超えましたが、いつまでも、

若く美しくいてほしいなぁ~

と思っています。

2012年01月11日(Wed) 03:15
編集
数年前、大阪から来た友達を別府に案内したんですよ!
湯布院は宿が高いし…って言うので。
その時に私も小学生時代振りに一緒に地獄巡りをして、
地獄巡りなんて地味で大したことないかな~と失礼にも思っていましたが、
実際とっても楽しめました♪
友達も喜んでくれて、良い思い出になった場所です^^♪

別府のあのたくさんの海外からの旅行客を見たら、
別府はこれからも観光地として全然問題ない、と思いました!

女の人は愛されていたら若く美しくいられますから、
Edu-Oneさんの奥様は、きっといつまでも若く美しくおられると思いますよ^^
幸せをおすそ分けして頂けました☆
ありがとうございま~す^3^♪
2012年01月11日(Wed) 23:52
hiromiさんへ 
編集
普通なら、「地獄巡りなんて、いったい何なんだろう?」

って思いますよね!

僕もカミサンやそのご両親や妹さん、大学時代の友人を案内しました。

特に、血の池地獄や坊主地獄、海地獄やカンケツ泉などは、

珍しく、一度は見る値打ちがありますね。

あと、そのあたりは、鉄輪(かんなわ)といって、風情のある

旅館が多くありますし、温泉宿なので、宿ごとに、よいお風呂が

ある場合が多いです。

それにしても、カミサンは、ホンマに存在感や発言権を増してきて、

僕は全然、反抗できません。
2012年01月12日(Thu) 00:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。