Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)

大阪市営地下鉄都島駅前で幼稚園児や小中学生を対象に『算数パズル教室』を起ち上げた元小学校教師の奮戦ぶりと苦悩と喜びのBlogです!
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

☆返信コメントです

服部様へ

Blogへの訪問とコメントありがとうございました。

返信コメントが長くなってしまったので、1つの記事として掲載させていただきます。


子ども達の自殺がクローズアップされるのは

大きな社会問題だと思います。

諸外国ではいかがなものか?

と思ってしまいます。


教育現場では繊細でおとなしく、

『精神的なタフさ』がない(あまり感じられない)子どもも散見しますが、

その一方で、教師(大人や親)の言うことに耳を傾けず、

指示も聞かず、傍若無人の態度で振る舞う子ども達もいます。

そのような子ども達が『精神的にタフ』だとは思いませんが、

最近では『しつけが悪い』のではなく『精神的な病気・障害』として

認知されているようですね。


子ども達の2極化というより、歪曲した多極化が家庭はもちろん、

教育現場や社会では加速化し、顕著になっているのではないか?

と危惧します。


「みんな違ってみんないい」という言葉がありますが、

『違って』の部分が独り歩きして、

昔(僕が体験しているのはゆとり教育とその前の世代ぐらい)と

現在でも大きく違うように感じます。

それだけ子ども達を取り巻く社会環境は激変して、友人関係も、

コミュニケーションも難しく、複雑化しているのでしょうね。

パソコンや携帯電話などのツールが発達しているのが、逆に、

円滑な人間関係の構築に歯止めをかけている傾向があるとも感じます。


友達づきあいや学力に対する考え方も多様化していますし、

親も出てくる家庭間でのトラブルも子どもに悪影響を与えることもありますね。


日本の教育より他国の教育の方が魅力的だと感じている方々も多いようです。


アメリカならいざ知らず、日本国内の都道府県単位でも

子ども達が享受する教育は様々なようですし、

隣の学校同士でも違うし、クラス間でも先生が違えば、

受ける教育も違う場合も多いようです。

教育に関する主義や主張や思想も、先生同士で全く一緒なのは

有り得ないことでしょうし、若い先生とキャリアを積んだ先生が同じ学年を組んだら

手法や技量に色々な違いや差が出てくるものだと思いますが、

目的地は同じであってほしいものです。


日本の多くの先生方は有能だと信じていますが、、

子ども達とその後ろに控える保護者のさじ加減ひとつで、

学校や人間関係は、どのようにでもなっていくので、

今の教師は無力さを感じ、教育に対する熱意や意欲が

乏しくなっているのではないか?

動きたくても動けないのではないか?

言い出したくても口にできないのではないか?

頑張っても報われないのではないか?

努力しても評価されないのではないか?

と思います。

もちろん、見返りを求めて子どもを教育しているわけではないでしょうが・・・


自殺する子どもを救えなくても教師(教育現場)の責任

崩壊しても教師(教育現場)の責任

学力が向上しなくても教師(教育現場)の責任


教師が無力だとは思いませんが、万能の神様ではありません。

ただ、以前に比べて、教師は、保護者どころか子ども達にも

リスペクトされないようですし、保護者からは、

担任同士で比較され、批判も陰口もたたかれます。

まぁ、どこへ行っても、そんな職業や役職はあると思いますが、

教師や担任の先生の存在意義すら危ぶまれているような感も否めません。


教師志望の学生が、かつてより減少しているようですから、

学生にとって『今の教師』という職業には以前より魅力を感じないのでしょうね。

というか『ワリにあわない』と考えられているのかも知れません。

結果、現場では優秀な人材が不足していっている感もあると

TV番組でコメントされていました。


自殺・ニート・いじめ・不登校・学力低下問題・

学級崩壊・学年崩壊・学校崩壊・教育格差など・・・

数え上げればきりがないですが、様々な問題が、

児童・生徒・学生という個人や交友関係、学級や学校のような

“小さなムラ社会”だけでなく

もっと大きな社会全体・・・

もしかすると、日本という国家、いや、それ以上、

地球的規模(特に先進国)で蔓延している気がしてなりません。


アジアの近隣諸国でも、日本より子ども達の競争の激しいと言われている

韓国やシンガポール、中国、富裕層だけが高い教育を受けられる

教育格差の激しい途上国など様々なようですが、

日本人は国際社会で生き残れるのか?

という命題に、自信を持って「YES!」と答えるのには

誰しもが躊躇してしまうでしょう。


『教育は国家百年の計』と言われますが、

政治も経済も、問題は山積みされたまま・・・

というか、大きく積みあがっていくまま、

結論も結果も成果も答えも出ない出口の見えないトンネルが

このまま、どこまでも果てしなく続いていくんじゃないか?

と心配します。


以上、自分の雑感を長々と書き綴ってみました。

長文で申し訳ありません。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆明日、9月1日は・・・

『18歳以下の子どもの自殺がもっとも多かった日』

なのだそうです。

現在は、8月末から2学期をスタートしている学校も多くなったと思いますが、

『9月1日』といえば、新学期(2学期)が始まる日です。

自分は、「夏休みの宿題が終わってないから(学校に行くのは)嫌だなぁ・・・」

などと不埒な考えを持っていた少年でしたが、

現在の子ども達を取り巻く事情や環境は、かなり違っています。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3587442&media_id=168

誰に何を言われようが、どう思われようが、人と違っていようが

気にしないで!

と言っても

『気にしないことができるような精神的なタフさ』があるなら

自殺には走らないでしょうが・・・

嫌なところに無理に足を運ぶことはありません。

苦手な人やグループには近寄る必要もないでしょう。

立ち上がれない時は寝ていてもいいのです。

外に出られない時は部屋に引きこもっても構いません。

寂しい時には誰かに甘えてもいいと思います。

時間がかかることだってたくさんあります。

悲痛な心の叫びや痛みや悩みを打ち明けられる友人、

親身に話を聞いてくれる仲間、

不安やストレスを受け止めてくれる信頼のおける知人、

優しく、そして、力強く支えてくれる誰かが味方となって

傍にいてくれることを切に願います。

辛くてシンドイなら無理やガマンをする必要はありません。

そんな時は、安息のできる場所へ逃げ込んで、

ゆっくり時間をかけて、心と精神を癒してあげて欲しいと思います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆すごいなぁ~

先週から世界中の市場を大混乱させた中国初の世界同時株安・・・

現在は、かなり落ち着いたようですね。

まだまだ予断は許さない状況だとは思いますが、

多くの投資家達が大損をした株価が大幅に下落する中で、

40億も稼いだ人物が居るなんて驚きです。

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6172354

僕も少しは興味を持ってリスクの少ない投資に取り組んでいますが、

株の世界は奥深く難しそうです。

『ピンチの時こそ、最大のチャンス』とはよく言ったものです・・・

それにしても凄い話ですね。

そのお金・・・

何に使うんでしょうね


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆現在、単独最下位!

応援している大分トリニータですが、

昨日、FC岐阜が1-0で群馬に勝利したために、

目下のところ単独で最下位となりました。

このままだと自動降格となってしまいますが・・・

J3には行きたくないなぁ~


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆さすがに今年は覚悟を決めないといけないのかな?

応援している郷土大分県のサッカーチーム、J2に所属している

大分トリニータですが、昨日、ホーム大銀ドームで、1-3と

セレッソ大阪に敗れてしまいました。

先制しながらの逆転負けで、3連敗となり、メンタルの面でも、

チームや選手に大きな影響がありそうです。

何とか最下位のFC岐阜に得失点差で順位は上回っていますが、

岐阜は消化試合数が大分より1試合少ないことを考慮すると

実質、最下位と言っても過言ではないでしょう。

最下位が決定すると、当然、J3降格となってしまいます。

J1・J2・J3の3カテゴリーを全て経験する初めてのチームになることよりも、

サポーターの減少、スポンサーの撤退や選手の流出などで、

経営存続、最悪、チームの運営の危機しいては解散の可能性も視野に入れないと

いけません。

ナビスコカップで優勝した経験を持つ地方チームの希望であった時代も、かつては

ありましたが、近年では、J2降格⇒プレーオフにてJ1昇格⇒再度J2降格と低迷していました。

特に今季は、開幕前に『J2優勝』を宣言したにもかかわらず、新戦力は戦力にならず、

監督交代、新監督の招聘も選手の補強も上手くいかなかったことも

下位に低迷する原因だと思います。プロである以上、言い訳はできませんが、

これも、大きなスポンサーや大企業の後ろだてのない地方のチームの

宿命なのでしょうか?

リーグの終盤には上位チームとの対戦も控えていることから、

すでに崖っぷちの状態です。

石にかじりついてでも、何とか、降格を回避をと願っていますが・・・。

J2残留に向け、頑張れ、大分トリニータ!!


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆心なしか今年は・・・

セミの鳴き声にイライラを覚えることが

ほとんどなかった夏だったように感じます。

マンションのテラスでは、トンボも飛び始めました。

今日は少し雨が降って、涼しい夏の一日です。

今後は厳しい残暑が待っていることでしょうが、何となく

秋の訪れを感じる今日この頃です。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆どうするハリル!?

東アジア杯最終戦・・・

完全アウェーの中、中国代表と闘い、1-1でのドローという結果でした。

大会前のタイトなリーグ日程や選手達のコンデション、

トレーニングの時間の共有が少なかったことなど、

監督の側になって考えると、様々なエクスキューズは存在するとは思いますが、

そこはプロ(代表)である以上、言い訳無用で残した結果が全てでしょう。

1勝も挙げられずに、屈辱の最下位に沈んだという順位が全てを物語っています。

やはり、今回の大会を通じて、海外組あっての日本代表だということが再認識できたことと、

国内のJリーグの各チームがアジアで闘えないこと。そしてそこに所属する選手が、もっと

危機感を持って日々のトレーニングや試合に臨まないと、

今後の男子日本代表の未来は明るくないということである。

同じく、U22のリオリンピック代表も決して評価は高くない(と言うよりもかなり低い)。

前回優勝の日本代表が、今回、高い授業料ではあったが、ハリル監督も、選手も

アジアでの戦い方、どんな戦術で、どんなメンタルで、どんなフォーメーションで、

どんな精神力やフィジカルを持って戦いに臨まないといけないか身につまされたことだと思う。

誰が勝利やチームや日本の国の代表としてのプライドを持って戦い、今後も試合で使えるのか?

逆に、誰が使えないのか?

それなりに証明されたことだと思う。

それはサポーター以上に本人たちが感じないといけないことでもある。

繰り返しにはなるが、東アジアの4か国で屈辱の最下位になるとは

予想だにしない残念な結果だったが、

ロシア・ワールドカップの出場権だけは

必ず手にしてほしいと強く願います。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆チャレンジなでしこ

なでしこJapan・・・

最後の最後

終了間際の2ゴールで2-0で中国女子代表を完封し、白星を飾りました!

今までフラストレーションの続く2試合でしたが、

最終戦でやっと、なでしこらしさと大和撫子の意地を見せて、

『勝利』という名の花を美しく咲かせることができました!

応援しているサポーターも、海外や日本にいるワールドカップ準優勝メンバー達も

安堵したことでしょうし、佐々木監督の采配も後半ズバリ的中しました。

監督のコメントはまるで『孫娘を見守る御爺ちゃん』のような感じでした。

さて、明日は、ハリルJapan男子代表の最終戦!

相手は、なでしこと同じく中国!

「海外組が居なければ、Jリーガー勢だけでは

 なにもできない」

等とこれ以上、揶揄されないように

何とか有終の美を勝利で飾って欲しいものです。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆暑い熱い・・・

ついに日本列島は亜熱帯になったかのような錯覚に陥るほど、

毎日暑いですね。

熱中症に注意をしながらコマメに水分補給をする毎日です。

パソコンから出てくる熱気も熱く、手に汗を書きながら

このBLOGを書いていますが、こうも暑いと、

BLOGの更新すらままならない状態です。

毎日更新しているブロガーさんは、すごいなぁ~

と感心せざるにはいられません。


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

☆なんか気まずい。。。

今日、久しぶりにバスに乗った。いつも、満員になる路線バスだ。

幸いなことに空席に自分は座れたのだが・・・。

真ん中あたりに位置する2人掛け用のイス。

乗客は続々と入ってくるのですが、僕の隣には

誰も座りそうな気配がない。

別に大きな荷物を抱えていた訳でもないし、体型は普通なのだが。。。

ラスト空席2席の時に、初老の男性が「すいませんねぇ~」と言いつつ座ってきた。

というより座ってくれた。

なんとなく安堵する自分。

あ~、一人で座っていた時は、なんか気まずかったなぁ~


にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

Message from Edu-One.
Welcome to The Blog of Edu-One. %Let's Play Puzzle Made Ara and board-games and card-games with us.
Profile

Edu-One

Author:Edu-One
大阪市営地下鉄都島駅前にある
幼稚園児や小中学生を対象とした
Edu-One算数パズル教室、
都島駅前本部校の教室長です。

よろしくお願い申し上げます


算数パズル・学校で学習する算数の
他にも幼稚園児から大人まで楽しめる
海外・国内のボードゲームや
カードゲーム、パズルゲーム等を、
各種、取り揃えております。

ボードゲームなどを利用しながら、
『親子で知的に遊ぶ』・
『ファミリーで一緒にPLAYする』・
『親友や大切な方と楽しむ』
等の場の提供もさせて
いただいております。

Latest Articles+Comments
Yahooオークション
Blog Analyzer
Laugh it Off (Edu-One算数パズル教室)の成分分析
The Words of BIBLE
SKY WORD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
今日はどんな日?
バロメーター
Thanks for Applause
ソーシャル・ブック・マーカー

Powered by SEO対策
QRコード
QR
管理人用

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。